2010年12月08日

プラチナ電子ローラーReFa Oスタイル

101207_2015~01.JPGこれマイクみたいだけど美容ローラー。新型です。

最近美容ローラーがブームだ。まあ私の世代なら子供の頃から淡谷のりこのCM見て存在は知ってるわけだけど、淡谷のりこは肌のきれいなおばあちゃんで有名だったから、ほんとに効きめあるの?ぐらいの意識しかなかったんだよね、子供の頃は。が、もちろん今ならわかる、美肌も色々複雑ななりたちだから、淡谷さんも、色々頑張っていたわけだ。なにしろ、付けまつげなんてものが存在しない時代に自分で作ってた人ですから。(なんかの番組で自分で言ってた。)

しかしここに来ての美容ローラーの爆発的なブームは宝島のムック本の売れ行きからだろう。気付いたら、池袋ロフトに美容ローラーコーナーできてるし、ヤマダ電機やビッグカメラの美容器コーナーも凄いことになってる。

プラズマクラスターを買った時にお店で沢山美容器見たのと、たまたまTVで見たメンズクラブかなんかの名物編集長(男)が美容命で顔ローラーしていたのが重なって、急に興味が湧いてきた。

それでこの間出産祝いを選んだ時も、二人目だしってナショナルのナノの美顔器にしちゃったし、色んなパンフを集めて自分用にもずっと比較していたのだが、決定打がない。

口コミサイトも見てみたけど、まあ結局個人差もあるしなあと、よくわからず。それにしても話は変わるが口コミサイトに、「届きました、早速使います」とか、「注文したので楽しみです」なんてのが沢山あって参った。それは必要なの?私は使用感が知りたくて検索したから、そんな口コミばかりでイライラしてしまった。注文してどの程度で届くかの口コミならしょうがないけど、どうみてもみな使用感の口コミを求めているのに、なんであんな口コミばかりあるの?と驚いてしまった。

で、話を戻すと、興味があると飛び込んで来るんだよね、情報が。いつも通るだけの店にたまたま入ったら、リファの美容ローラーが置いてあったのだ。棒状のはよく見るタイプの美容ローラーだが、レファはその他に編集長が使ってたのと同型のY型のごついのと、丸い球状がある。球状は初めて見るし、チラシには賀来千香子が映っているしもうそれだけで効きそうじゃないの。しかもソーラーで明るい光で微電流が通るんだとか。

で、チラシを持ち帰り比較検討し、買うことにしたOタイプを。ネットで安いのがあるとまた悔しいから検索したが、このタイプは新製品な為か、割引品がなかったので、即この間の店で買って帰ったのが昨日の夜。

早速昨夜はTVを見ながら、1時間ぐらい転がした。同封の説明書には顔・頭・首・脇まで転がし方が写真付で載ってる。だから全部やって、一番気になる目の回りは特に沢山やってみた。後頭が意外と気持ちよく痛いところがあったので、そこも痛みがなくなるまでやってみた。鏡見ながらやってたけど、こころなしか顔がすっきりした感じがするが、実はいつもそういうのが自分でもよくわからないタイプなんで、まっこんなもんかなって思って寝た。

そして今朝起きた時、顔がいつもの起き抜けと全然違っててびっくり。特に最近いつも腫れぼったい目がパッチリ!(でもなぜか、また腫れぼに戻っちゃったけど…)

しかも顔洗った時にわかったのだけど、手の感触でわかるほど顔の皮膚がすっきり。これだけすっきりすると、顔の表情で動く肉の感覚までが軽い。私どんだけ顔が浮腫んでたんだろって思ったよ、ほんと。

しかも、美容ローラーにそんな効果があるなんて知らなかったんだけど、今日は私の人生初ぐらい沢山出ちゃいました。びっくりするぐらいで、しかもお昼前と夕方の二回!&するって滑るような感じ。いつもと違うことしてないから、この美容ローラーのおかげだと思う。

嬉しくて、今日は更衣室でも転がしたし、家に帰ってからまた転がした。ながら転がしできるし、一晩でここまで効果出ると続けられるなあ。f( ̄+ー ̄)☆まあ私の現状が良くなかったから、効果が出やすかっただけなのかもしれないけれども。このまま調子良ければ、Y型も買っちゃうかも。ちなみに賀来千香子さんは旦那様用もあるって書かれてました。最近西城秀樹のブルドック化に驚いちゃったけど、男性も浮腫み顔の人多いし、秀樹にも使って感激してほしい。

メンズクラブの編集長、流石色々使っているけど、リファは試してないのかな?
posted by anne at 01:06| Comment(1) | TrackBack(0) | エイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月25日

徹子の部屋のゲストに中村メイコ

23日の「徹子の部屋」のゲストは中村メイコだった。子供の頃美波伸介のてんぷく笑劇場を毎週見ていたから、親戚のおばさんのようになじみがあるが、この番組が終わってからはたまにしか目にしなくなって、見る度に派手さが増すなあなんて思ってたが、相変わらず派手だった。

たまたま実家で母と見ていて、母が9年(1934年)生まれだと言うので、徹子は?と聞くと2つぐらい上のはずだと言う。(今ウィキで見たら、徹子は1933年で1つ歳上)手がアップになると、私よりもきれいな手で、日焼けした手の母は、「全然違う、ほら」と自分の手を私に見せた。そりゃ女優として74年間生き、一般人よりお金をかけている人と比較はできない。でも母は11年生まれで年下であるから、やはり気になるのだろう。TVを見ていて同年齢・同年代の人の生年は必ず口にする。みなやはり自分に近い年齢の人は気になるのだ。

とはいえ、同じ女優の徹子とは比較できるわけで、ずっと二人を見比べてしまった私。(芸能人も大変だよね。)というのも、二人とも派手系だから比較しやすい。私なんて目の化粧をたまにするだけで、疲れるが(!)毎日あんなに目の回りを描いて凄いなあと感心する。

そんなわけで私の感想は、一つ年上の徹子のほうが顔が若い。もちろん母と比較して、きれいに化粧しているメイコは母より一見若そうだが、化粧すればうちの母もああなれるんじゃないかなと思い、歳相応の顔に見えたのだ。実は母は顔は意外に皺もなく、というか以前あった皺が一生懸命なマッサージで消え(薄くなったというより、消えた気がする)皺がない分若々しいのだ。が、たるみはあり、それがメイコと同じである。

それで思い出したのが、田中宥久子の造顔マッサージを毎日やって、整形したんですか?と問い合わせがきたほど徹子の顔が変わったというエピソードを何かで聞いたこと。そういわれて見れば、以前の徹子の肌はもっと頬の辺りがたるんでいた気がしないでもない。が、ハリウッドスターのように妙なツッパリ感があるわけではなく、毎日の努力でこうなるならハリウッドスターもやればいいのにと思う自然な肌の張りである。

ハリウッドスターでまた思い出したのは美容ネタでがっかりなジェーン・フォンダである。元々皺ぽい顔だからというのもあるからよけい頑張っているのか、相当美容整形を繰り返し顔が突張ってしまっている。キャサリン・ヘップバーンがきれいに上品に歳とっていたのを側で見ていただろうに、なぜムダな抵抗しているのかといつも思う。なにしろ美容の為肋骨までとった人である。(ちなみにジェーンは1937年生)

で、そういう人が海外にいるのを考えると徹子もメイコも、派手な化粧と服装ではあっても地に足ついてきれいに歳とってるなあと思う。まあ、二人の言動には、面白エピソード沢山あるけれども。

話が飛び飛びしすぎだが、要するに地道に毎日の習慣で顔変えていくぞ!と思ったのである。あとマッサージ頑張ってる母に造顔教えようかなと。

それにしても二人の会話は面白かった(* ̄ー ̄)
posted by anne at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | エイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月20日

ヒールばかり履いている人の体型?

先日朝一で人間ドッグへ行ったら、全身真っ黒のミニスカートスーツにストッキングで化粧も濃い60代ぐらいに見える女性が来ました。なにしろ朝の病院に似合わない格好なので、興味深く観察してしまいました。

まあミニといっても膝上ぐらいなので、脚がきれいなら私はいくつになっても反対しない派です。しかし、あることに気付いたのです。それは年配になるほどありがちなのですが、脚が細い割に胴回りやいや腰回り以上が異様に太いのです。多分脚の筋肉は落ちるけど、上半身に肉がついてアンバランスになっているのではないかと思いますが、そのアンバランス度が高い。考えてみれば、若い時は肉が付く時は全身肥えていきます。しかし、年とともに脚に肉は付きにくくなるのかどうか、お年寄りは下半身が細い人多いです。

そして、ヒール履いている人は特にアンバランス度が高い気がすることに気付いたのです。

というのも同じ職場に、若い時からイケイケ服ばかり着ていつもヒールだった同じ歳の女性がいるのだが、最近気付いたら、脚は細いままなのに異様に胴回りいやお尻からだったかもしれないが、肉がついているのだ。全体で見ればまだ細いがゆくゆくは、病院で見た女性と同じようになるのが見えました。

私は彼女の体型にある時期から気付いて、自分の体型をしょっちゅうチェックしてるが、私は以前と変わらないバランスのまま。ちなみに私は運動不足を真剣になんとかしないとまずいと思うぐらい筋力衰えてます。

彼女にあって私にない、あるいは彼女になく私にあるものといえば、ヒールを履くかどうかの違いしか思いつかない。で、病院の女性を見て確信したのです。やはりヒールだ!と。

つい最近ヒールをいつも履いている30歳の職場の女性がが言っていたのだが、ヒールばかり履いている人は、筋肉だか筋だかの長さが変わってしまうんだそうだ。その子はそれでもヒール履き続ける!と笑っていたのだが、やはり身体の基本である脚や足は毎日色々動かした方がいいのだろう、と今それを思いだして感じる。最近つい目がいくのだが、ヒール履いている人の歩き方を見ると、脚が前後しているだけで足が動いていない。筋肉や筋の(同じもの?)の長さはわからないが、つかわなければ筋肉衰えるのは確かだ。それで変な肉がつくのかもしれない。

職場には、いつも誰かしら高いヒールしか履かない女性がいるが、彼女達に共通していることは、ほんとにヒールしか履かないこと。つまり、ヒール以外持ってない。引越の時もヒール履いてやったというのも聞いたことがある。

まあ、ヒールも好きなだけ履いて構わないといえば、構わないのであるが、やはりものには限度がある。病院にいた女性のように、その場にふさわしくない全身黒のヒールで来るよりは(まあその後の予定とかもあっただろうが)、その場所や時間に応じて、色々変えるような臨機応変はフアッションだけでなく、身体にもいいのではないだろうか?と感じた次第です。

それに、せっかくおしゃれでヒール履き続けて、最後変な体型は悲しい。
posted by anne at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | エイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
" target="_blank">
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。