2008年12月01日

美少女ジェニファー・コネリーもいまや・・・



「映画地球が静止する日」の公開前で、イベントニュースが増えてきているということで、キアヌファンとしてはチェックしている日々。

最近さぼっていて、色々書こうと思っていたことも書いていなかったのだけど、いかんな、書かなきゃなあと思っていたら、ジェニファーが目に留まった。

キアヌと写っているジェニファーを見て、前々から思っていたジェニファー老け過ぎ感を改めて感じたので。というのもジェニファーは1970年生まれ。キアヌとの差は6歳。まあ、キアヌの肌は同世代の白人男性と比較して若いのは置いておいて、ジェニファー40前に見えなくない?しかもこういう感じになってから何年も経っているんだよね、ジェニファー。

初めて見たときのジェニファーの美少女ぶりを覚えているから、この変りようにはやはり驚いてしまう。今も美人だけれども、あの頃の面影がない、というか面影はあるのだけれども雰囲気は全然違う。まあ大人になったんだから当たり前といえば当たり前ではあるのだけれども。

例えば「リトルチルドレン」での主人公カップルの妻は冷たく怖い感じがした。売れていない時期には、ハードな物から暗い物まで色んな役をこなしているし、その時期があるからこその今のジェニファーとは思うのだけれども、なんか違和感を感じることもある。
例えばファッションなんだけれど、やたらとミニの服を着ていることが多いが脚は細いけれどもミニとその脚があってないファッションというのが多くていつも残念なファッションになっていることが多いんだな。服はきれいなんだけど、なんか変な感じの写真が多い。なんでこんな格好してるんだ?って。

が、若い頃の婚約は置いておくとしても子供の父親と破局した後、凄く痩せてしまってみんなが心配していた時期もあったぐらいだし、ゴシップって冷たい書き方が多い中みんなに心配される書かれた方が多かったので愛されているなあとも思う。

今じゃポール・ベタニーとカップル。子供もできて幸せそうなんだけども、ポールがまた痩せ系の体型&貧相系の顔(ちなみに私はポール・ベタニーのファンです)で、ジェニファーがまた肉が全然ついてない皺っぽい顔なんで、貧相夫婦に見えちゃうんだよね。まあ大きなお世話だけど・・・。でも少女の頃のふんわり顔のイメージや20代の頃の豊満な体型(決してぽっちゃりじゃない)を知っているから、激やせ後全然ぽっちゃりしなくて未だに心配な宮沢りえと同じように見ちゃうジェニファーなんである。くしくも宮沢りえもふんわり顔だったし、ぽっちゃりじゃないのにしっかりした体型で健康的なプロポーションが良かったんだよね。

ところで二人とも全然変っていないところがある。それは目。ジェニファーなんて、ジョディ・フォスターと同様に目のきれいさが増している気がする。ジョディ同様子供の頃にはなかった美しさだ。あの悲しみが宿って見える美しい目。いい生き方してるんだね、ジェニファー。りえちゃんも、子供の頃のような天真爛漫な輝きは消えちゃったけど、しっとりした目になっているし、がんばれよ、二人とも。(りえちゃん、調べたら1973年生まれでジェニファーと3つしか違わなかった)


このミニスカートとプラウスもあってない、変なジェニファー・・・
posted by anne at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 1969年以降生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

PSアイラブユーデザイン

デザインコラボでPSアイラブユーが加わった黒ハートということで、早速使いました。最近はテレビCMも頻繁にやっているし、ジェリーの「PS・・・I love you」がしょっちゅう聞こえるのは嬉しいハートたち(複数ハート)(この間がまたいい〜)

最近沢山出ているゴシップ誌、結構立ち読みでパラパラめくっているのだが、その中にハロウィンの変な扮装をしているジェラルド・バトラーというのがあってチェックしたのだが、それがどう見ても別人。仮面を被っているのだけど目がジェリーの目じゃないんだよね。考えてみればイギリスの俳優だから、ハロウィンなんてアメリカの風習のイベントなんてアメリカに住まない限りやらないと思うし。でもアメリカ映画にたくさん出るようになったせいかアメリカに家があるらしいけど、本拠地はやはりイギリスのようだし。

私けっこう雑誌のこういう間違い探しが好きなんだけど、あれって誰もチェクしないの?と思うものが多い。特に写真の間違いってわかりやすいと思うのだけど、誰が見ても別人なのに違う名前になっていたりすることがままある。

ところでジェリーのウィキ情報を見て、グラスゴー出身とあったので、嬉しくなった。実は最後にイギリスへ行った時に電車の乗り換え駅を見逃して夜遅い便のノンストップ便でグラスゴーまで行かされてしまったことがある。到着は10時過ぎで仕方なくグラスゴーに泊まり翌日ロンドンへ帰ったのだけど、直行便がお昼ぐらいまでなかったので半日グラスゴーをブラぶらしてなにもないなあ〜と感じた。しょうがないので美術館でひまつぶしをしたけど、私が見たいものがあるわけでもなかったし、カモメが何羽も飛んでいて朝からうるさかったのと、ガイドブック見ても行きたいところが全然見つからなかった記憶しかない。だけど、ジェリーが育って大学まで行ったのか〜と思うともっと見とけばよかったかなあ〜、なんて。駅は凄く大きかったのだけど、じゃあジェリーはあの駅を何度も使っているわけ?いつもグラスゴーのことを思い出すと、ロンドン便もお昼ぐらいに出て夕方着だったし1日時間を無駄にしちゃった失敗の経験なんて思っていたのだけど、ちょっと視点を変えれば思い出も脚色できる揺れるハートまあ、実際なんの予定もないブラブラを楽しんではいたんだけどね。思い出してみれば、フラフラお店を見て回ったりもできたし。

そんなわけで、ジェリーサンキュー。

posted by anne at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 1969年以降生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

PSアイラブユー



試写会で「PSアイラブユー」を一昨日観てきた。予告編を見て興味を持っていたところに原作本が文庫本になったものだから、それを読んで期待していた。しかもジェラルド・バトラーが出ているわけだから、期待感も増すというもの。で、やはり最近のジェリーにはずれはなかった。

原作は翻訳監修の林真理子も書いているように、作者の処女作だけあって、稚拙なところがけっこう多いのだが、それでも全体うまくまとまっているし、主人公のホリー他登場人物がいかにもアイルランドな大家族の人間関係との相乗効果で世界的なベストセラーになったのもうなずけるものだった。その映画化とあって、設定がニューヨークになっているし、原作に忠実にと書かれてあっても変えてあるのは当たり前のハリウッド映画界だから、どんな脚色?と思っていたら、結構大幅な脚色が加えられているのだが原作の持ち味を変えずに、映画の持ち味&出演俳優の持ち味を生かしていて秀作。原作物は、なかなか原作を超えるのは難しいのだが、映画の持ち味を生かして脚色された場合、本当に良い物になるという作品の一つになってると思う。それと、アメリカ映画で多い脚色でエンディングを全然違う物にするというのがよくあるが、これにはそれがない。それが一番心配だったのだけど。

で、くどいようだけど、ジェリーだ。ジェリー最高。こんな旦那がいて死んじゃったら、そりゃ立ち直れない、立ち直れるはずがない!って感じ。ヒラリー・スワンクはあまり好きじゃないんだけど、ヒラリーの映画もはずれがないよね。(私が見た映画では)ビバヒルの時からそうなんだけど、ヒラリー見るとあの大きすぎる口に目がいっちゃって、どうしても顔が田舎臭く見えちゃう。でもだいたいそういう洗練されてない役が多いので、それでもオッケーなんだよね、彼女の場合。最近ニュースでガンの手術をしたとあったけど、順調な回復を祈ります。

それから共演者、リサ・クドローが笑える。(しかしリサ一気に老けてない?歳いくつ?)でもジーナ・ガーションの役に原作ほどの見せ場がないのが惜しい。(ジーナ・ガーション好きなんだけど。)まあそれを言えば、原作にいた家族が減った分、見せ場も減っているし、原作にはいない人や原作ではほとんど登場しない人の見せ場が多くなったりもしているわけだから、脚色である意味別物と思って楽しんだ方がいいのだけど。あと、キャシー・ベイツだね。この人もなにやってもうまいから、まあ当たり前と言えば当たり前の存在感だった。あとダニエル役のハリー・コニックJr.。この人はもう歌を歌わないのかな?

ところで、この映画「オペラ座の怪人」とはまた違ったジェリーの歌が聴ける黒ハート元々ロックを歌っていたと聞いていたけど、いやいい〜。笑顔も最高だし、ほんとジェリー最高ハートたち(複数ハート)の映画だったのでした。

私の中では、今年のロマンス系映画では「魔法にかけられて」(タイプは違うが)とこれが今年のベスト揺れるハート
posted by anne at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 1969年以降生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
" target="_blank">
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。