2007年09月03日

死ぬまで18歳



ダイアナの追悼式の写真の参列者の中にブライアン・アダムズがいた。最近すっかり露出が少なくなったから、写真だけでもうれしい。あいかわらずいい顔してる。ブライアンの顔って人柄が出てると思うのだが、この写真もいい表情だ。ブライアン大好きで日本公演がある度に行っている身としては、また日本公演やってくれ〜だね。最後の公演が2005年だから、寂しい限りだ。

コンサートに行くと、やはり生だからやっている人の人柄が垣間みれるのだが、ブライアンほど本当にいい奴はいない。それにお客を乗せるのがすごくうまい。昔カウントダウンコンサートでヒューイ・ルイスやドン・ヘンリー他の豪華メンバーが揃ったことがあった。それぞれ目当てが違う友人同士で観に行ったのだが、ヒューイ・ルイスファンの友人はその公演がきっかけでブライアンのファンになった。なにしろ自分の出番が終わって次の人になるときのセッテイング時間が長くて観客は何回も長い待ち時間を過ごすのだが、その待ち時間までも使って、ギター1本でアンコールをやってくれたんだよ。あの時は感激した。まあ、初ブライアンで5回のアンコールを経験済みだったので、やっぱりブライアンだったんだけどね、私にしてみれば。しかもその時はオオトリだったヒューイがなぜか全然知られていない新曲を歌ったものだから、いろんなフアン層がいるその会場ではノリが悪いどころか乗れない人ばかりで、その観客にヒューイが怒っちゃうというかっこの悪さ。そんなわけで、よけいヒット曲しか歌わなくて、会場をノリノリにさせたブライアンとの差が浮き彫りになってしまった。そんなの考えなくても分かると思うんだけどね。だって、そのカウントダウンはまだ明るいうちに始まったんだけど、その始まりはヘビメタ系グループが何組かで、全然違う客層が混在していたのだから、ヒット曲以外やっちゃだめでしょ?

ブライアンのファンサービスはいつものことで、最近こそアンコールは減ったけれどもアンコールはそれでも長いし3回ぐらいはある(?確か?)。そして、観に行った人はまた来ようと思ってしまう。ここ最近の公演は東京公演1日以上あればあるだけ行っている。昔は毎年来ていて、海外公演をやってない時も日本だけ1日公演があったりとかしたけど、最近はアルバムも出してないし、歳もあるし、次の公演がいつになるかほんと予測がつかない。だから、次回公演が決まったら次は東京だけじゃなく行けるだけ行きたいと思ってる。そういう風には若い頃はできなかったから、ずいぶん大人になったなあと思う。

彼の歌には名曲が多いし好きな歌はいくつもあるが、あえてここに好きなのをあげるとしたらこの曲『18 TIL I DIE』コンサートで必ず歌う歌があるが、その中にもこの曲は入っている。ブライアンももう48歳だし、ファン層の世代も似たような年齢から30代後半ぐらいがメインだろうから、この歌にはみな力づけられるんだろうと思う。(それもまた悲しいけど)コンサートでのブライアンは熱唱タイプで、首の血管が切れるんじゃ?と思うぐらい血管が浮き上がったり、腰痛になるんじゃ?というぐらい腰を反らしてギターを弾くから、見ているこっちが心配になるんだけど、そんな心配するようになったほどお互い歳を取りました。まあ20歳前からずっとファンでいますから〜。いやいや、いまも18歳だった。
posted by anne at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 1960年以前生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月30日

レベッカ・デモーネイ

レベッカ・デモーネイといえば、トム・クルーズの元彼女としてしか、日本じゃ知られていないと思う(それさえも今じゃ忘れ去られている?)、どちらかといえばB級の女優。私もそんな認識しかなかったのだけど、この間テイタム・オニールの記事を読んだ時に、レベッカが義理の姉妹になっていて、なんで?なんで?と記事検索したら、テイタムの母親違いの弟パトリックと結婚して子供もいるらしい。テレビの仕事やなんかで、アメリカじゃ地道に仕事を続け、たぶん今じゃテータムよりは格上。

パトリックは俳優とスポーツキャスターなんて経歴になっていて、たぶん日本でいうタレント的な感じで、検索してもたいした仕事をしている感じはなかった。ただ、パトリックは凄い年下、というイメージがあって、レベッカはトムよりも年上だったんじゃなかったっけ?と思っていたので、トムのことを書いたら急に興味が湧いてきた。それでレベッカで検索したら62年生まれでトムと同じ歳。「卒業白書」でトムより年上の役をやっていた気がしていたので、すっかり騙されてた。ということは、有名人のパートナーじゃ、唯一トムと同年齢だったわけだ。なんかトムのパートナーの選び方って年齢層が典型的な感じがする。最初は同級生、次は年上、で年下、次はもっと年下って奴。

あれっ?アメリカのサイトへ行ったら59年生まれ!やっぱりトムより年上!しかもパトリックなんて、今調べたら67年生まれだよ!しかし子供の時のかわいい顔しか知らなかったのに、グリフィン(テータムの弟)といい、パトリックといい、すっかりおっさん。まあそれでもグリフィンよりかっこいい。さすがライアン・オニールの息子。でも白人のかわいい少年ってなぜに極端におっさん化するのかね?まあ日本のかわいい少年が気色悪いおっさんになっちゃうっていうのよりはいいのかなあ。

しかしレベッカ、年下キラーなのかな?だって今ぐらいの年齢で年下は違和感ないけど、83年当時の24歳で21歳のトムなんてガキでしょうがなかったんじゃないかなあと思うんだけど。でも今の年齢だったらトムより随分年下のパトリックでも違和感はないね。というか、女の人の理想じゃない?2、3年下だったらふ〜ん年下って感じで普通だけど、5歳以上年下だと、年下感がアップするから。しかも男性もこのぐらいの歳になれば、ガキじゃないしね。

ただレベッカって「卒業白書」の時は凄いきれいな人ってイメージがあったけど、「揺りかごを揺らす手」で日本じゃ久しぶりのお目見えで見た時、凄い老けたなと思ったぐらいだから(それでもきれいだけどね)、それでもこんな年下捕まえちゃうんだなあって驚く。まあ、日本じゃ、キョンキョンが20歳下とつきあってるから、関係ないのかな。だって気にするんだったら、同じ歳でも老けてる人はたくさんいるし、年上でも若い人もたくさんいるわけだし、結局中身があうかどうかんだよね、きっと。

女性としては興味を持って見ちゃうね。ただレベッカをアメリカのサイトで見たら芸能人一家だった。パトリックも芸能人一家だし、たぶん二人ともずっとロス育ちで、ロスに住んでいるから、この関係続くんだろうか?と心配になる。ただ、二人ともステップシスター・ブラザーが何人もいるところやなんやかやと育った環境がそっくりで、だからこそ結ばれたのかなとも思うから、かえって続くのかなあとも思うし。まあ、私としては、姉御妻のレベッカにはがんばってほしいね。

興味がなかった割には、ちょっと背景を観ただけで色々考えちゃったレベッカである。

パトリックと一緒のレベッカ
http://www.imdb.com/gallery/granitz/1041/Events/1041/wi20010110_PatrickONeilRebeccaD_Vespa_136289.jpg.html?hint=nm0000360

posted by anne at 07:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 1960年以前生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
" target="_blank">
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。