2008年05月13日

パンダ目?スウィング・アウト・シスター

今日のスマスマのゲストミュージシャンは、スウィング・アウト・シスターのコリーン・ドリュリーで、「ブレイクアウト」を歌った。この歌懐かしい〜。でも歌は懐かしいけど、別にこのグループが大好きだったわけではないので、ヴォーカルの名前も今さっきウィキで調べて初めて知ったばかり。が、それは珍しいことじゃない。例えばデッド・オア・アライブなんて気持ち悪いと思っていたのに、私が一番懐かしく思い出す歌の1番手は「ユー・スピン・ミー・ラウンド」で、昔も今も好きなミュージシャン達の、しょっちゅう聴いていた曲ではないのだ。思い出というのは不思議な作用をするものだと思う。

で、そのコリーンなんだけど、昔は好きじゃなかったのだけどその昔の映像が流れたときに、けっこうかわいかったなあと思った。実はおかっぱ頭が昔からあんまり好きじゃないので、それがトレードマークになっているような人を敬遠しがち。あの髪型って目や表情を強調するけど、この髪型にするような人ってそれ以前に目や表情がきつい人が多い気がする。ほんとうは柔らかい顔、あるいは薄い顔の人がやれば個性を出せる髪型だと思うのだけど、昔なぜかふくよかな体系の人がなぜかそれを際立たせるピンクハウスを着ていたように、強い目線の人がおかっぱ頭にしがちなのだ。

ということであいかわらずおかっぱ頭のコリーンだったのだけど、昔の映像はかわいかったけど、歳をとった今は前以上におかっぱはきついのではないかと。つまりボブにしているような人って、ファッショナブルで、おしゃれもしっかりしている→化粧がきついとなる。実際アップになるともう年齢的にも皺が目立つのに、凄く塗っていて怖い。しっかり化粧をしているひとほど、年を取るごとに化粧が怖くなりやすい。ウィキで年齢を見たら1959年生まれだから、来年は50歳だ。それなのにべったりな化粧。そのべったり感を高めているのがアイシャドー。

歌を歌いだしたらアイシャドーが気になって気になって、ずっとそこに目が釘付け。つまり白人女性がよくやる化粧なんだけどアイホールを全部塗るやり方。目をつぶると目の形のアーモンド型に塗りつぶされているから気持ち悪い、目が大きいし。私が思うにあれだけ塗っているのだから、きっとアイシャドーはすぐに終わってしまうと思う。

そこで、思い出したのが初めてそういう化粧を見た、スコットランド人の英語の先生。イギリス系の英語学校へ通っていた時なんだけど、化粧はきっちりするかまったくしないかのどちらかに別れる彼女らの内、そのスコットランド人はきっちりする派。でもあまりにもきっちり過ぎて、その目がしっかり塗られていたので、その先生が目をつぶる度に、みんなビビっていたものです。しかも、その場にいた全員が私を含めてそういう化粧を見たことがなかったから、ビビりながらも瞬きする度に観察してた。まあその先生の場合は、アイホールを全部塗るのではなく、周りだけを塗っていたのでまたよけい気持ち悪かったのだけど。つまり目をつぶるとそこに白目だけの目があるようになる。たぶん、白人女性は彫りが深くて目をつぶると、アイホールが全部隠れるからそういう化粧をするんだろうけど、ほんと目をつぶるたびに気持ち悪かったんだよね。

でもその先生、カーラというのだけど凄く明るくて人気者だった。どうしてるかなあ〜、カーラ。

posted by anne at 07:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 1960年以前生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

ショーン・ペンがカンヌで審査委員長に!





ショーン・ペンがカンヌ映画祭の審査委員長になるなんて、20年前誰が想像しただろう?だって、その頃バッドボーイと言えばショーン・ペンのことだったし、映画をもじったにしても、ほんとに聞こえてくるのは悪の話ばかりだった。

私が初めてショーンを見たのは『タップス』でトム・クルーズと同じく印象には残ったのだけど、なにしろトムが筋肉向き向きのアクの強いマシンガン少年役で印象が強すぎ、優等生役のショーンの印象は強いわけではなかったので、その後の悪ぶりがかえって驚くほどだった。しかもマドンナと付き合いだして、パパラッチへの暴力や結婚式にヘリに向かって発砲など、良くないニュースばかり。そんなせいか役柄も悪の役が増えていったし、しまいには妻マドンナへの暴力で、悪印象が決定的に。

でも、自分で映画を監督しそれが評判になったあたりから、役の幅も広がっていったように思う。あともちろん再婚も影響しているかも。が、結局は最近離婚の話が出ているのは残念だけど。だがトムクル同様、演技馬鹿系なのは確かで、凄く入り込む質だとは聞いたことがあるし、バッドボーイの頃もその役のせいで悪になっているとも聞いたことがある。ということはいい人の役をやればいいのか?ともなるが、俳優が大変な仕事であるのは確かだろう。自分とかけ離れた役をやる人ほど、精神的な疲労も大きいらしい。

じゃあ、いい人の役ばかりやればいいのだろうが、それではきっと演技者としての面白みもないだろうし。

ところで私はデビュー映画から知っている割にはトムクルと比べて、ショーンの映画をあまり見ていない。どっちかと言えば弟のクリスの映画の方を見ているかも。まあ私が見たいタイプの映画が少なかったからもあるのだけど、見たいと思って見逃したものも多い。一番最近見たのは「アイ・アム・サム」だから相当古い。『ミスティック・リバー』や『リチャード・ニクソン暗殺を企てた男』なんて凄く見たかったのだけど。

それとショーンの新作監督作「イントゥ・ザ・ワイルド」も原作を立ち読みして、面白そうと思っていたので凄く興味がある。ショーンが監督したと聞いて、そういう選び方をしたショーンに凄く親近感を湧いた。というのもこれは現在のアメリカで家出をした若者が持ち物を全部捨てて荒野に入り、最後には餓死したというので凄く話題になった事件だから。飽食の時代に、なぜ彼はそんな行動をとったのか?と誰しもが考えるかと思うが、誰も彼から聞いてはいないわけだから、理由はわからないわけだし、その分想像の余地がある事件ではある。だからそれをどんな風に撮ったのか興味がある。って気がついたら、ショーンの撮った映画も一本も見たことがなかった。どんな感じなんだろう?

ってことで、昔とは随分イメージの変わったショーンである。最近弟が亡くなってまた変わったような話も聞く。私もクリスが死んだのには驚いたけど、兄弟だったらもっとショックだろう。そして、離婚、→カンヌ映画祭の審査委員長!見た目も白髪が目立って、それがまたいい味を出している。これからどんな風に変わるのかどんな役をやるのか、監督するのか、また楽しみだ。

※ところで『アイ・アム・サム』で一カ所納得できなかったところがある。それはショーンの皺が多かったところ。知能が遅れている人たちってやはり皺が少ないようなんだけど(毎年そういう人たちが働いているワイナリーの収穫祭に行くので。彼らは歳をとっていても本当に純粋な子供のような表情をしている)ショーンには皺がたくさんあるんで、どう見ても普通の人がふざけているように見えちゃいました・・・。友達にはそこまで言っても無理だよ、とは言われたんだけどね。



posted by anne at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 1960年以前生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月09日

ブライアン日本にも来て

41a0trTiBjL._SS500_.jpg

私がやっているSNSといえば、mixiとmyspaceなのだが、最近mixiのマイミクがみな熱心じゃないなあと思っていたところに、マイスペが日本上陸も1年過ぎて気がついたら活動が活発?なんて思っていたら、なにかの拍子に自分の好きなスターやミュージシャンのマイスペがたくさんあることに気づいた。なんちゃって本人も多いんだけど、本物の本人も多い。しかも一つ本人を見つけると、別の人に繋がりやすいんである。

そして見つけた一つがブライアン・アダムズのマイスペだ。最近『11』をリリースしたので、その新曲や過去の曲がブライアンのマイスペに行くと聞ける。これは開くと自動的にかかるので、毎回聞いてしまうという仕組み。(もちろん音を消すことも可)エドワード・バーンズのマイスペで毎回かかるグループなどは、全然知らないミュージシャンだったのに、これで好きになってしまった。好きなミュージシャンのだったら新曲も確認できるしおいしい。ミュージシャンにはお薦めのSNSだと思う。

ここにはブライアンの情報ももちろん載っている。今ライブを回っているのだが、その予定が11月まですべて載っている。が、日本はない。なぜ最近日本に来てくれないんだろう〜。ってウィキでブライアンを検索したら、最近アメリカや日本じゃそんなに売れず、ヨーロッパが一番売れるので、ヨーロッパをメインにしているらしい。え〜?そうなんだ?そういえばもう何年もロンドン住まいで拠点にしているらしいのは、そういうわけなのか?

まあ確かに最後の日本公演でも、来ていたのは過去好きだったんだなという人ばかり。新しいフアンもできるぐらい売れていないとだめということか。でも、そのファン達の盛り上がりは私を含め昔と変わらなかったんだけどな。それに日本に来たらファンの年齢層が高いから、売り切れごめんになると思うんだけど。(もちろんドームじゃやらない。広すぎる場所を嫌っているブライアンがいいっす)実際私は次回来日の際は東京公演は全部&他の場所のも行きたいと思っているぐらい。職場の同世代の連中も喜んで行っていたし、そういう人達って多いと思う。

ってことで、ブライアンには日本公演をやってほしい〜。『11』が日本で馬鹿売れすればいいのかも?みんな聞いてみて〜るんるん

ブライアン・アダムズの マイスペ(登録が必要だが簡単にできる)→ http://www.myspace.com/bryanadams
ブライアン・アダムズのHP→http://www.bryanadams.com/
(ここでも曲が聴けます)
posted by anne at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 1960年以前生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
" target="_blank">
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。