2009年04月12日

とうとう肩たたき・・・

最近書こうと思いつつまたもやご無沙汰だったのだけど、これは書かなきゃダメだろ!って思って。

タイトル通りなんだけど、この不景気で会社の経営が良くなく、退職奨励をすることになったのだが、対象者が40代からだったので見事当てはまってしまった。なんかそんな年齢の自分に改めて驚いている。自分自身は全然成長してないなあと思っているのに、時間の流れは早くて、ふと気付いて唖然とすることが多いのだけど、これもそうだった。

対象者には面談があったのだが、2重のやり方で、残って欲しい人と辞めて欲しい人で面談のやり方を変えているらしいのだが、女性である私には辞めて欲しいらしい。長年やる気のない人の仕事のカバーをしてきたりなんだり色々と貢献していたと思っていたので、ショックだ。が、女性に差がある職場でもあるので予想通りでもあるのだけど。実際そうなってみると、随分衝撃的だ。ああ、そうなんだ、って。

しかも、その面談の際には、今後勤め続けた場合嫌がらせがあるんだろうなという口調。もちろん嫌がらせをする、なんてことは直には言ってはいないが。

今までも我慢して勤めていたので、もう辞めちゃおうか、と考えたら、同じ40代の女性達に頑張らなきゃダメだよ、と念を押されてしまった。次なんてどうなるかわからないんだから、何も予定がないのに、一時の感情で決めたらダメだよ、と。

ということで、もうずっと落ち着かない状態。友人等にメールしまくったりしたが、地元の友人達は帰って来いと言いたいが、こっちはもっと仕事ないよ、と返事をしてきた。

ビジネス本や自己啓発本も買いまくってきてしまった。その本の1つが神田昌典さんが共著している「凡人の逆襲」。普通の人がどうしてあそこまでなれたのか、という本。神田昌典さんの経歴はすごいなと思っていたのだけれど、他の本のプロフイールではそう書かれていないのに、この本のプロフィールでは、大学・役人時代・アメリカの企業時代等、全て底辺にいたと書かれているのだ。えっ?そうだったの?ってびっくり。もしかしたら、話術かもしれないが、しかしそういう立ち位置の人が多いのも事実だから、そこからどうやって飛び抜けてきたのか?は勉強になるかな、と。

最近神田昌典さんのフォトリーディングセミナーにまた行っているのだが、その際の話でやはり同じ歳だな、と確信した。となると、会社の設立は1998年だから34歳の時。約10年で急成長している。その神田さんの転機はリストラされたことだというのは、何回か聞いたことがある。それを考えると、女性の転職は厳しい時代とはいえ、40代だし子供がいるわけでもないから、まだ運がいいのかな?とか考える。が、先が見えない時代に、次がどうなるか決まっていないのに、仕事を辞めるのは怖い。最近のニュース等でも言っているではないか、ネット難民等の人たちがまさか自分がこうなると思わなかったと。

神田さん提唱の人生の周期と占いがミックスした春夏秋冬の年間周期で言えば、実は今は変革の時期。しかし、年の周期で言えば一番いいのは来年なんだな。でも来年までこの状態でいられるのかどうかもわからないし、今変った方がいいのかもしれない気もする。が、準備は全然できていないわけだから、今会社を辞めろと言われても、臆病者の私には勇気が出ない。やはり占いは参考になるだけであって、決めるのは自分自身だからね。みなどうやっているんだろう?

posted by anne at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 現在 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

佐伯チズさんのミニセミナーに参加

昨夜、佐伯チズさんがゲストの日経ヘルスセミナーがあった。実は申し込んだのを忘れていたのだが、案内メールが届いて出席できラッキーだった。というのも、やはり生で見ると、その人の人間性というかパワー、あるいはオーラを感じられるから。

佐伯チズさんといえばその素肌美。昨日もノーファンデーションで、会場を歩いて自分の肌を触らせて回っていたのだが、みな絶賛。で、なかに29歳の方が触っていたのだが、その人の顔を覗いて佐伯さんが瑞々しさでは私の方が勝っている、と言っていた。なにしろ美肌には水分が欠かせないとのこと。恐るべし65歳。

トラブル肌の私は、佐伯さんが近ずくのを怖がりながら見ていた。だって私の肌見たらあきれるか怒るかするんじゃないかって思って。まあ後ろの方の席だったので、私の所までは来なかったけど、おかげで佐伯さんの素肌も見えなかった・・・、惜しい。

その場で簡単でお薦めのリンパマッサージや耳を引っ張る方法を教えてもらったのだけど、この間から実践している田中玲子さんの美点マッサージ(通常のツボとは違うそうな。)にプラスして続けていくつもり。なにしろ耳はツボが集中してあるそう。知りませんなんだ〜。よく手とか足は聞いてたけど。それにリンパマッサージはたぶん毒素が色々詰まっちゃっている私にはピタリなんだと思う。だって、美点マッサージを始めてから、ず〜と悩まされてきた目の腫れがなくなったもの。

私は子供の頃から目だけはパッチリと言われながら育ってきたのだけど、5、6年前に「奥二重だと思ってた」と言われてショックを受けて以来いろいろ抵抗してきた、しかしどんどん瞼が下がってきている感がある上に、ここのところず〜と瞼が腫れてしまっていて治らん〜状態だった。いつ鏡を見ても目が腫れていて一重だったのだ。ツボの本などはよくチェックしていたし、マッサージだのなんので片っ端から探していた。いや、元々子供の頃から瞼が腫れ易いので、瞼の腫れを引かせる方法は昔から探していたのだけど、ここのところは死活問題ぐらいに焦っていた。今まではだいたいが目を冷やしたり温めるとか、中途半端にツボを押すなどの方法で多少の効果はあるのだけど、私の酷い腫れには一時期的なパッチリで効果がなかったんだよね。

ところが美点マッサージを知ってから、毎日がバラ色になるぐらい目がすっきり。腫れていたときは毎日目が重たかったのだけど、腫れなくなってみれば、そういえば目ってこんなにスッキリしたものだったんだ〜って、昔はわからなかった健康な目のありがたさがわかるようになっている。多分私はこの美点マッサージとは一生付き合って行くと思うぐらい気に入っている。(それなのにうれしくて、私最近目がパッチリでしょ?と聞いても、みんな、え〜変らないですヨ〜とか、前からそうじゃん、とか言われてしまう。いかに人が人のことを気にしていないかの現れ?それとも私が人から気にされていないってこと?・・・涙)

って佐伯チズさんの話から外れてしまったが、佐伯チズさんにしろ田中玲子さんにしろ、かずきれいこさんにしろ、こういう普通の人たちが知らないことを分け教えてくれる人達のその気前の良さに感謝です。1年ぐらい前かテレビで売れている某メイクアップアーチストが、目が腫れたときの対処法を聞かれていたので、耳をダンボにして聞いていたら、冷やして温めるというありきたりな答えしか教えてくれなくて、がっかりしたことがある。しかしその人は本業より副業でしか最近見ないので、そうなってしまうのだな、と思う。しかし、どんどん知恵を分け与えてくれる人は、教えることなくなっちゃうんじゃないの?と思うのに、次から次に本が出て売れている。つまり分け与えてくれる人は分けるものがつきなくなるわけだ。不思議じゃない?

で、そんな佐伯さんは腰も低かったし、やはり好印象。またお会いしていろいろお話を聞きたくなってしまった。佐伯さんは45歳頃が転換期だったというのは徹子の部屋かなにかで聞いていたのだけど、今日もさらっと45歳のときの方が今より肌がひどかったし、皆さんも今から続けて行けば肌はきれいになりますよ、と励ましてくれた。造作は変えられないけど、肌は変えられます!っと。その気になります。うれしいですよ、佐伯さん。

posted by anne at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 現在 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

あ〜ん2回も続けて書いたのが消えた〜

マチュー・アマルリックについて書いたのが消えちゃって、また書く気になれないなあ〜と思っていたら、こんどはマドンナについて書いたのが消えた!また書く気なし・・・。




posted by anne at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 現在 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
" target="_blank">
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。