2009年04月23日

清水由貴子さん介護疲れで自殺に思う

タレントの清水由貴子さんの自殺に驚いたが、19歳頃からずっとお母さんの介護をしていたというのにも驚いた。49歳だったから、30年間も介護をしていたことになる。身内の介護が一番疲れる、というが日本ではどうしても身内が介護をする傾向にある。というのも会話の端々に、子供に看取ってもらうとか、奥さんに面倒見てもらうとか、嫁はちょっと・・・とか、出てくるのは身内の直接介護を前提にして話が出てくるように、それが当たり前の風潮があるからだ。この清水さんの場合も、介護のためにタレント事務所を辞めてしまっていたらしいが、本来であれば、その反対に介護施設やなにかのために稼ぐじゃなくちゃやっていけないのは目に見えている。実際最近では派遣社員で働いていたんだそうな。この時期派遣切りもされていて、相当きつかったんじゃないかと思う。

最近のテレビでは長門裕之・南田洋子夫妻の老老介護が話題になっているし、高齢の子供がもっと高齢の親の介護疲れで・・・というニュースも増えてきている。高齢化社会の中で、こういう状況はもっと増えて行くのは目に見えている。しかし、福祉が遅れている日本では、その対応がまずい、というかしていないのではないかと思うのだが

その上税金の無駄遣いもしている。先日定額給付金の通知が届いたのだが、見た瞬間にあまりにも無駄使いが多くて、どうしてこんな政策が国民の反対が過半数と言われていた中通ってしまったのか?と改めて思った。社会で働いていれば、このぐらい気付くと思うのだけど、実社会で働いたことのない2世議員達ばかりで、わからないのかね?

とりあえず、私が封を開けて思ったのは、こう。
@用紙が何枚も入っていたが、印刷代・用紙代・製作代、にどのぐらいかかったのか?
A手紙封入作業代、宛名作成作業代、発送費代はいくら?
B申請には、証明書類を添付しなくてはいけないのだが、そのチェック作業代はいくら?
私の住所の区域は全て銀行振込なのだが
C振込送金作業代、及び振込手数料はどのぐらい?

ABCの作業はこれように人を雇ったのかどうかわからないけど、同じ人たちができるにしても、@の製作費やCの振込手数料だけでも相当の額だ。日本全国でこれだけ無駄金を使えるのであれば、福祉でも何でももっと早急に必要で役に立つところがたくさんあったはず。しかも、別居中で請求できないけど、お金を切実に欲しがっている妻子達にお金がいかないとか、の問題が出ている。やらなくてもいい人にまでお金をあげているなんてのが、ぼろぼろ出てきている。ほんとにもったいない。

こんな無駄遣いせず福祉関係等が機能するようにしていれば、もしかしたら今回のことだって防げたかもしれない。介護疲れという言葉があるくらい、一般的になっているのだから、一人暮らしの老人を訪ねるように、介護をしている人たちも訪ねて様子を見るというのも必要なことだと思うし、無理せず介護施設に預けるように相談に乗ったり、あるいは預けるお金がないような人たちも預けられるようにしなくては、おかしい。そもそも年金からも引かれている介護税は導入されたときからなんに使うの?って思っていたのだが、どう使用しているわけ?(私の母はなんで70過ぎた私の年金からも介護税引くんだろ?って毎回言っている。)

それから、周りの人達も、介護をしている人がいたら、様子を見てあげるのが当たり前にならないといけない。介護をしているとどうしても内向きになってしまって精神的にきつくなってくるのだと思うが、周りの人がちょっと手伝うだけでも変るのではないかと思う。

このブログを始めた時、同級生が起こしてしまった事件について書いたが実は同様の事件だった。このぐらいの年代になれば、明日は我が身かもしれない状況だが、少しでもこういう状況が減ることを願う。

私は自殺は卑怯だ、と思っている。残されたものの傷はなかなか癒えないのを身をもって知っているからだ。清水さんにも妹さんがいるそうだし、お母さんも命に別状はなかったそうだが、お二人ともこれからが大変だと思う。清水さんも誰かに相談とかできれば、良かったのにと残念んでならない。が、せめて残された二人への援助は十分にあればいいなあと思う。

清水由貴子さんのご冥福を祈ります。
posted by anne at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 現在 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月19日

とりあえず慰留

退職奨励の希望者が何人か出ているらしいのだが、私はとりあえず慰留の返事をした。

しかし、本田健さんのしあわせな小金持等の本をみると、普通の人は決断力がないためにずっと普通の生活をし続けてしまうのだそうだ。考えてみたら、私が今までずっと同じ会社にいたのも勇気がなくて決断が出来なかったから。

今の会社にいる限り、まとまったお金を一番もらえるのは今回だけで、後は下がる一方と考えると、今が決断する時なのかも?新しいことをやるとしたら、今が一番のチャンス?、とか考えてしまう。

が、それでもとりあえず慰留。

しかし、いつまでも流れに身を任せているのも、これで終わりにしないと。だから、ちゃんとした人生設計をしようと真剣に考えている。

それと、昨日は突然友人から連絡があって驚いたら大変らしい。子供がいる友人だが、旦那が相当危ない状態。聞いていて身の危険を感じてしまうほどで、本人も怖いと思って連絡してきたぐらいだから、離婚を考えた方がいいと薦めたのだけど、こういう相談を受けた時に、自分の無力を感じてしまって、悔しいなあと感じている。というのも、友人は専業主婦で仕事やお金がないから、離婚に二の足を踏むわけなんだけど、例えば私にお金があったり、会社経営していたりすれば、なにか違う援助の方法もあったかもしれないから。

それとどうみても別れた方がいいのに、なかなか決断できない友人は、もしかして辞めた方がいいのに決断できない自分と同じ?とか考えた。

が、さっき電話があり、友人も前向きに明日から相談所に行ったりすることを考えだしたらしい。計画性は重要だから。

タグ:決断力 離婚
posted by anne at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 現在 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

好奇心や探究心は重要

退職奨励で先週は暗く、週末も嫌な感じだったのだけれど、土曜日は習い事のちょうどレッスンのある日だったので、気分転換しなきゃ!って行っていた。

東京にいると、場所柄面白いセミナーや習い事に行きやすくて便利なのだが、驚くのは日本全国から来る人がいること。私が通っているその習い事も、今まで一緒に受けた人の中に、わかっているだけで、福島、大阪、三重、九州のどこかの人がいるし、他から来ている人もいるそうだ。大阪の方は、なんどもご一緒しているがエネルギッシュで、マラソンをやっていて、韓流の俳優の追っかけもやっている上に、旅行もアメリカ・中国・香港ともちろん韓国も出かけている。毎回おみやげを持ってきてくれるし、話も面白いので、一緒になるとうれしい方だ。年齢はわからないのだけれど、すごく若々しく見えるので、50才過ぎに見えるが、もしかしたら55才ぐらいなのかもしれない。

その習い事には、色んな年齢層の方がいるのだが、年齢が上がるほどエネルギッシュでパワーを感じる方が多い。毎回ご一緒になる方と土曜日も一緒になったのだけど、その方と色の話になったら、私が以前話したパーソナルカラーに興味を持ってセミナーを受けたのだいう。私の方ではそんな話をしたこと自体忘れていたのだけれど。それにしても行動が早くてびっくり。その方はスペイン語も習ってらっしゃると聞いたことがあり、その習い事でもスペイン語について何回か聞いたことがある。その方も肌がきれいなので、お若く見えるけど60歳近いのではないかと思っている。たぶん生き生きしてるから、肌がよけいきれいに見えるんだと思う。そんなわけで、私は土曜日に、この方からエネルギーをいただいた。

この習い事ではもっと年齢の高い方にお会いすることもあるが、みな楽しそうにやっているし、興味を持って何かをされている方達は、みな生き生きしている。それは、各種セミナーに通う度にも感じているのだけれど、セミナーに来るような人たちは探究心が旺盛で学ぼうという意思があるから、やる気があってポジティブで、プラスのエネルギーがたくさん出ている。なにしろ神田昌典さんのセミナーの場合、一番遠くから来ていると思う人は?って聞いたら、沖縄の人が手を挙げていたのだが、凄いなと思ったらもっと上手の上海からの人までいたのだ。そんな遠くから来る方達にやる気のないわけがない。それにいくつかの習い事で感じた生き生きとした感じと、セミナーでのやる気のパワーはまたちょっと違う生き生きさ。が、両方いいものだということに、変わりはない。

私は人生はクイズだと思っている。あるいは問い。どんな表現でもいいのだけれど、人間は何かを、知ろうとすることを止められない。だから好奇心を抑えられない。いくつになっても、なぜ生まれてきたんだろう?なんて考えちゃう。クイズ番組を楽しめるのもそのおかげ。ゲームや映画や本とかを楽しめるのもそのおかげ。明日に期待が持てるのも、どうなるかわからないから、どうなるんだろう?と思えるから。希望が持てるのも、そのおかげ。先が全部見えちゃったら、何の面白みもない。なにしろ人生は一番のギャンブルだし。

以前、ふとこのことに気付いた時、これが悟りなのか?とか思ったほど、これはお気に入りの私の哲学のようなもの。でもまあ、机上の空論と言うけど、頭で考えていても、実際に、さあ答えはどっちだ?って問いかけられると苦しいのは、今の状況でわかるとは思うけど。

自己啓発本をたくさん読んでいるのだけど、昨日も書いた「凡人の逆襲」を含め、良く書いてあることの1つに、「勉強熱心」というのがある。これも表現を変えた好奇心だ。子供の頃、勉強という言葉が大嫌いだったけど、相田みつをも書いている「一生勉強」って。

探究心がなくなった時こそ、終わりかも。実は、今朝は会社に向かうだけで凄く鬱だった。土曜日元気をもらえたけど、昨日一日家にいる間にまた暗くなっちゃってたわけだ。が、私は探究心も好奇心もある、だから大丈夫だ。


posted by anne at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 現在 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
" target="_blank">
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。