2008年08月05日

子供時代に好きだった女優エリザベス・テーラー



最近日本では病気とかのニュースぐらいでしか目にすることのなくなったエリザベス・テーラー、また重病説でニュースになっている。もう凄い歳だし、大丈夫か?と思っていたら、えっまだ76歳?うちの母親と4つしか違わないよ、びっくり。もう80歳以上になると思ってた。

しかし76歳になっても、いじっているとはいえきれいだね〜。同じおばあちゃん顔でもうちの母とはえらい違い。しかし顔はいじれても、まっ白だった白髪を染めた髪のパサパサ感と、首下の皮膚の衰えは隠せないよね。というか、白人だから汚いのか、うちの母親と4つしか違わないのに、首下の肌のおばあちゃん感がちょっと・・・。まあ、うちの母親も二言目には「もう若くないんだから・・・」とは言っているし、顔はもちろん体型もおばあちゃん体型。だけど、たるみはあるけど、運のいいことに皺は少ないし、首下もそんなに衰えていない。日本人だからかなあ。

とはいっても、ケアしているんだろうけどシミもないし、エリザベズ・テーラーのイメージは衰えてない。なにしろ初めて見たとき、こんなきれいな人がいるんだ!ってびっくりした人だ。そんなきれいな人が全然別人の顔になったら悲しい。だから、ここまで維持しているのは凄い、と思う。

エリザベス・テーラーといえば美しさプラスその目の色が私の中での特筆。目の色は青を通り越して紫!青い目は英語学校へ通った時他で、薄い青から濃い青、&吸い込まれそうな深い青まで生で見たことはあるし(たった一瞬で惚れました、その後二度と会ってないけど)、緑の目も見たことある(しかもジャツクリーン・ビセットの目!)が、紫の目なんて緑よりも確率低いわけだから、生で見たことなんてない。ぜひとも生で見てみたいなあ。だって、日本人じゃせいぜい、濃い茶か薄い茶ぐらいの違いしかない目の色でしょ?きれいな色の目って憧れです。特に濃い色は。あまりに薄い色の目はガラス玉みたいで、ちょっと怖いんだよね。(なんて書いたら偏見とかになる?)たぶん見慣れていないからだとは思うんだけどね。だって、昔は赤毛や金髪、いや肌の白さや、黒さだって、みなびっくりしたわけでしょ?織田信長が初めて見た黒人の肌をこすったのは有名な話だけど、それを今やったら大騒ぎになる。とはいえ、知っているのと生で見るのは大違いで、子供の頃から欧米の本を読み、映画やテレビドラマを見ていた私でも、実際に生で白人と毎日接したり(英語の学校)、黒人の人を生で見た時の衝撃は大きかった。

日本の美の基準は欧米化されているとはいえ、欧米の人とはやはり違うので、欧米の美人がかならずしも、日本でも凄く人気があるとは限らないが、エリザベス・テーラーの場合、その黒髪と日本人にもなじみやすい顔つきだったので日本でも人気が高かったのだと思う。しかも映画も日本でヒットした映画が沢山ある。私が好きだった映画と言えば、「ジャイアンツ」(ジェーム・ディーン好きだったので何度も見たことがある)「雨の朝パリに死す」「陽のあたる場所」「去年の夏突然に」、それから子役時代の「名犬ラッシー」や「緑園の天使」もかわいかった。

実は背が低くてバランスの悪い体型ということや(とは言っても155センチぐらいだから、日本人には親しみやすい身長)、凄い下品で口汚くジャンクフード好き(だから太りやすい)など、美のイメージと違うことを知っても、その顔の美しさと意外な大衆感がマッチして、面白いなあと思うぐらいで全然イメージダウンしなかった人でもある。これがオードリ・ヘップバーンとかだったらまた違っていたかもしれない。たぶん、そういう面はイギリス生まれとはいえ、アメリカで育ったからの大らかさなのかもしれない。一時期凄い太っていたり、またまた再婚したりでなになに?とは思ったけど、もうこのぐらいの年齢になれば、なにやっても、いいんじゃない?と思えてくる。これはきっと森光子と同じで、歳とってるんだしやりたければ何やってもいいんじゃない?という感じかも。いいんじゃないの、いじったってそれで自分のモチベーションが上がるなら、とか、年下の男?いいんじゃないの、それでホルモンの分泌が増えるなら・・・ってなもんである。

まあそう考えるようになったのも自分が変化しているから。20代、30代の頃と比べるとモチベーションアップが難しいと感じているこの頃だ。今こうだと、リズや森光子の年齢になった頃、どうなっちゃう?と怖くなる。先人がやってみていることは、参考にした方がいいと思う。

今まで何度も生死をさまよう経験をしているリズだから、まだまだ頑張ってくれるんじゃないかと思う。だからこの病気もきっと回復する。だって、今じゃ長寿当たり前の時代だもの。リズにはもっと長生きしてもらわなきゃ。




posted by anne at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 子供時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月29日

どろまんじゅう

この間100円ショップへ行ったら、タカラトミーのどろだんごコロットがあったので、この週末友人の家へ行く時のおみやげにした。初めてこんな製品が出たのを知った時、私が保育園へ通ってた頃、毎日どろまんじゅうを作っていたのを思い出したけど、今の子ってそういう遊びを知らないらしい。だから、こんな製品が生まれたのだろうけど、家の中でやるどろ遊び、変な感じです。まあ、子供達は粘度遊びの感覚でやっていたけど。

しかし、これ意外と難しい。うまくやれば最後磨いてピカピカに光るらしいのだけど、その前のだんごがうまく作れず、すぐひび割れてしまう。私は、最後の磨きの前に帰ったのだけど、うまく出来なかったので翌日作り直すと子供達が言っていると言うメールが来たのに昨日メールが届かなかったので、やっぱりできなかったのかな?と。

どろだんごは作ったことないけど、どろまんじゅうは毎日作っていたと子供達に言ったら、今度作ってと言われたのだけど、なにしろ保育園以来。今やって同じようなものが作れるのかなあ?と、思いつつもなんかちょっと興奮。しかしその辺のどろなんて今更触りたくない気もする。子供の頃ってなんで毎日あんなにどろ遊びができたんだろ?

しかし、今の子はなぜどろまんじゅうやどろだんご作ったことないのかなあ?友人の家は海へ自転車で行ける距離なので、しょっちゅう海へ行くのだが、毎回海へ行く時は、砂遊びセットを持っていって、砂で遊んでいるんだけど。それに家の近所によく行く植物園兼公園があって自然環境はいいんだけどな。

まあ、自然環境は良くても、変質者は多いらしく、子供だけで公園にやるのは不安らしい。上の子がまだ小学校2年なのに、一斉下校になったことがもう何度もある、と言っていた。そういう時は保護者に連絡が来るらしく、友人は迎えに行くので、親が昼間いない家はどうするのか聞くと知らないという。たぶん集団下校で対応するんじゃないの?と言っていた。こういうのを聞くと、少子化の時代なのに、両親二人とも働いている家が安心して子育てできないんじゃ、大変だよなあと改めて思う。

多分親付きでしか公園で遊べないから、どろまんじゅうを作ったことないのかなあと思う。なにしろ昔の親よりも清潔好きな現代の親達が、どろ遊びをさせるわけないんじゃ?今じゃ公園で砂遊びだって出来ない時代だ、というか公園の砂場なくなってない?ネコがうんちしたりする他、ガラスとかの破片があるから危ないから。まあ、私が子供の頃は、砂の中からうんちが出てくると、すくって外に出して遊んだ物なんだけどね。外に出たらそういうものがあるのは当たり前だからね。ただ、ガラスの破片とかは、確かに危険だよね。思いっきり外で遊べない今の子供達は、自分たちで独創性を生み出しずらくて、かわいそうだ。でも、一方でこういうおもちゃがたくさんあって、恵まれているなあとも思うのだけど。
posted by anne at 07:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 子供時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月29日

子供の頃大好きだった西城秀樹にバッタリ

昨日髪の毛を切りに行ったら、渋谷のジャンジャンのところで撮影が始まった。向かい側にお店があったので、チラチラ撮影を気にしていたんだけど、目が悪くて誰が撮影されているのかわからず。しかし、そのうち塚本高史だということにお店の子が気づいて、え〜そばで見たい、見たい、と思いながら、ブローまで終わるのを待っていた。もちろん、お店を出た後は、速攻で撮影現場の前を歩いて、塚本君のえくぼまで見ることが出来た。結構お気に入りの俳優なので、ウキウキしてしまった。

その後習い事に行く予定だったので、そこに向かっていく途中、高級そうなインテリアグッズの店がセールをやっていたので入ってみた。初めて中にはいったんだけど結構奥行きがある上、オーガニックの化粧品まであって、興味津々で見回っていたら誰かが大きい声で話しながら来たんだけど、なんとなく聞き覚えのある声で、何の気なしに振り返ったら西城秀樹!ひょえ〜。実は小学校2年生のとき大好きだったんだよね。傷だらけのローラの下敷きだって、持っていた。なにしろ、私が静電気で髪の毛持ち上げた下敷きは、西城秀樹の下敷きだったんだから。

大きい声で話していたのは、子供と一緒だったからのよう。子供と一緒だとみな声が大きくなっちゃうんだよね。(なぜなんだろ?私も友達の子供と一緒の時って、声が大きくなっちゃう)秀樹、パパなんだな〜って、改めて思ったけど、あんなかっこいいお父さんなかなかいません。だって、歳いくつ?ってウィキで見たら1955年生まれ。またまた、ひょえ〜。会社のあのオヤジや、このオヤジと同じ歳?ヒィヤ〜、見えません。だって、脚とかピタピタ系のパンツだったよ。お尻も小さかったし。還暦のジュリーがまん丸のお腹で赤いパンツ履いていたがショックだったんだけど、秀樹なら還暦迎えても丸いお腹はないと思う。ポール・マッカートニーがいつもダボダボジーンズを履いているのが、ローリングストーンズが未だにピタピタパンツを履いているのと比較して悔しいのだけど、秀樹もローリングストーンズ派なのはマジでうれしい。しかも郷ひろみのような頑張っている感が見え見えじゃないのが、いい。

しかしなあ、塚本高史君を見て、凄く興奮したのに、西城秀樹を見てもちょっとうれしいぐらいでたいして興奮しなかったのにちょっと驚きました。まあ一番好きだったのが小学校2年ぐらいの頃だからね。あの頃はほんとに好きで、群馬県高崎市のカッパドキアという遊園地みたいのに西城秀樹が来ると知って、親に頼み込んで連れて行ってもらったこともある、夏に。(ちなみに私は栃木県出身)父親と二人で行ったんだけど、ステージ前には秀樹ファンがたくさんいて、小学生の入れる隙間はなくて、せっかく行ったのに遠巻きにしていただけ。ただトイレに行きたくなってステージ前を横切っていったら、だんだん前の方に行っちゃって、子供が危ないというのでステージにあげられちゃったというエピソードあり。中高生ぐらいの時、友達に、もしかしたらあの時運命が変っていたかもしれなかったんだよ、言って周りに大笑いされたんだけどさ。というのも司会者にもうすぐ秀樹が来るからね、って言われていたのに、トイレに行きたい私はそこから逃げ出したんだけど、もしかして逃げなければその後秀樹の妹としてデビューしていたかもしれないでしょ?河合奈保子よりも先に。(苦笑?)

小学校の高学年頃から、だいたい好きになる物が欧米系に向いた私にとって、日本人でアイドルのように好きだったのって、この頃の西城秀樹と草刈正雄だけなんだなあ、考えてみたら。あと里見浩太朗。水戸黄門はもちろん大江戸捜査網とか見ていたし。大江戸捜査網は週末だったので遅い時間に始まっていたけど特別に見るのを許されていた。

今じゃ、誰もテレビに出ていても何も感じないなあ、そういえば。でも草刈正雄を生で見れたらうれしいかも?とは思うけど。

それにしても、西城秀樹って凄く背が高いイメージだったのに、あまりそう感じなかった。私が背が高い人に慣れすぎているのか?実際思ったほど高くなかったのか?でも、見上げるほどじゃなかったのは確か。ただ、子供と一緒の西城秀樹の感じは自然な感じで好印象だった。あと子供が普通の子供服を着ていたのも良かった。私小さい子供が変にブランドブランドした服や、フォーマルな素材の服を着ているのが嫌いなんだよね。子供にもよくないと思うし、かわいそうだと思うから。
posted by anne at 23:50| Comment(4) | TrackBack(0) | 子供時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
" target="_blank">
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。