2008年07月18日

面白くない俳優ブラッド・ピッド



「決してその魅力を失うことのない俳優ブラッド・ピット」って、この記事の見出し何?私の周りの人たちの中では有名だが、私はブラピの映画がいつも面白くないと思っている。いやいつもではない、面白い物もある。「トゥルー・ロマンス」のジャンキー、「12モンキーズ」の狂人、「カリフォルニア」のシリアル・キラーは面白かった。(が、「カリフォルニア」ではジュリエット・ルイスに完全に喰われていたが。)ブラピには普通でない役が似合う、というかそういう過剰なわかりやすい演技でないとできないと言うべきか?「ファイトクラブ」の分身などその典型じゃないだろうか?あれは本体を演技派のエドワード・ノートンがやったからうまくいったけど、例えばブラピが本体だったら映画が成り立たなかったかと思う。

原作者の猛反対を覆したトム・クルと比べて何それ?な演技の「インタビュー・ウイズ・ヴァンパイア」、ブラピじゃなければ傑作だったはずなのにもったいない「12イアーズインチベット」等々、いい映画なのにブラピだけダメというのが多くて、私の中では大根役者。「12イアーズインチベット」なんてもったいなすぎて、映画を見ている途中からだんだん頭に来てしまったぐらいだ。確かにまあいい顔ではあるが、私のタイプではない上に鼻の穴(というか小鼻?)が気になってはっきり言って、なぜここまで人気があるのかまったくもってわからないのがブラット・ピットなんである。

もちろん私の周りの連中(もち女性)には、私のこの考えは不評。今じゃブランジェリーナとなって、女性に人気のアンジェリーナのパートナーで株価は上り調子だ。実は後ろについていく男らしいブラピは、付き合う女性の好みに合わせて変っていくというフェミニスト(?)な男性とか。以前雑誌で特集があり、それを読んでなるほどと思ったのだが、ファッションから生き方まで、付き合う女性で変っているんだなブラピ。が、それを読んで思ったのが、40過ぎの男がそこまで変っていいのか?と。別に変ることに反対はない。いくつになっても変化を恐れないのは凄いことだと思う。が、ブラピに考えはあるのか?と思ってしまうほど、ファッションから何から毎回変っているので、いいのかよ?って考えちゃうわけ。ステイタスのように養子をとるセレブの中でも、人種や民族をミックスしようと考えているアンジェリーナをなんとかしたら方がいいのでは?と思うのだが、従うしかできないのか?

とは言っても、こうまで書くのはそれだけ話題にもなっているし、映画もブラピ好きじゃないと言いながらも見ているからなんだけどね。(見ないと判断できないので、見てない映画については何も言えないっす)ほぼ全員が楽屋落演技で全然面白くない「オーシャンズ11」&「オーシャンズ12」(13はもう見る気なし)は置いておくとして、「セブン」はブラピがどうのという印象はなく、ただただデビッド・フィンチャー凄い!という印象しか残ってないので、「ファイトクラブ」もあるしブラピとの相性はいいのだろう。

私が見ている一番新しい映画は「ミスター&ミセス スミス」なので随分前だけど、この映画は気に入っている。が、たぶんそれはジョリーのおかげな気がしないでもない。それにこの映画の設定も普通じゃなかったし。

最近日本での公開作がなくて、話題はブランジェリーナのことばかりだが、映画祭で男優賞を取った映画が面白そうなんだよね。これがまたブラピ以外がいいと出るのか、ブラピもいいと出るのかは、見てのお楽しみといったところ。賞を取ったぐらいの演技をしたのだから、これも切れた役なのかもね。有名なお尋ね者の役だし。

ってことで、「切れた演技では、決してその魅力を失うことのない俳優、ブラッド・ピット」に変えた方がいいんんじゃないかと思います。
posted by anne at 02:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 1963年生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月24日

久しぶりのニュースが逮捕!テータム・オニール



最近ネットでちょっとニュースを見るだけだったせいか、すっかりテータム・オニールのニュースを見逃していたのだが、もう20日も前の話!

しかし、久しぶりに聞いたテータムのニュースがこれだなんて、テータムのファンだった人たちにはショックに違いない。随分前になるがぴあの編集長か編集の人がテータムのファンだったと聞いて驚いたことがある。(編集長が同世代というのにも驚いた。が、今じゃその編集長も変っているらしく、すっかり年下になっているのも悲しい。)でも考えてみたら、一時期スクリーンやロードショーのランキングでず〜と1位だったのだから、それだけ日本中にファンがいたわけで、不思議でもなんでもないんだよね。スピッツの歌にもテータム・オニールの名前が出てくるものがあるし。だから、え〜あのテータムが〜?なんて思っていた人は結構多かったと思う。みんなどう思ったんだろう?あの頃とはすっかり雰囲気が変わっているし、あの寂しそうな目はもうないみたいだ。(まあ、それも当たりだろうけど)

このニュースを知った後すぐに検索したら、このニュース報道のYou Tubeや娘と一緒の写真がたくさん出て来たのだけど、娘のエミリーちゃんがあまりにも大きくなっちゃってびっくり。テータムは確か170センチぐらいのはずなんだけど、そのテータムと同じぐらいみたいだし、ほんの3年ぐらい前のアカデミーの時の子供子供した感じが記憶に新しいので、その成長の早さに驚く。確かこの子が生まれた直後のウインブルドンにテータムが応援に来てたんだけど、そのすぐ後に別れちゃったんだよね、マッケンローと。いくら大きく見えてもまだ子供のはずだけど、テータム逮捕されちゃつてどうしたんだろう?って心配になった。マッケンローが会いにいったのかなあ?とか。でもこの時って全仏の時だからマッケンローはフランスにいたはず。でもお兄ちゃん達もいるはずだし?なんて、いらぬ心配をしていたのだ。

それにしてもオニール家は大丈夫なんだろうか?ついこの間はライアンと弟のグリフィンが銃をぶっ放す親子喧嘩していたのに、テータムまでこんなことしちゃって。最近のアメリカのティーンエージャーのや若いアイドルの目に余る行動はこういう環境で生まれちゃうんじゃないかと、心配。テータムの暴露本の噂によれば、テータムは予想以上にスポイルされた子供だったし、そういう人にちゃんと子育てできてたのかな?って思ってしまう。

マッケンローの今の奥さんて凄く地味な感じの人で意外なんだけど、そのせいか地に足が着いている感がある。マッケンローはNYの普通の家庭で育っているから、親子三代芸能一家のテータムとは考え方とかがやはり違っていたのかも。

いずれにしても、せっかく中毒をリハビリしたはずなんだから、またすっきりして戻って欲しいな、テータムには。で、できればメジャー映画に戻れるような話題をテレビ業界で作って、映画に戻って来て欲しい。いや、今流行のテレビドラマでもいいんだけどね。最近の映画は全然日本には来ないような映画みたいだからさ。

↓テータム&エミリー




posted by anne at 00:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 1963年生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月23日

うわっ、なんか凄い老けちゃったロリ・ペティ




最近の若手お気に入り俳優の一人ジェームズ・マカボイとアンジェリーナ・ジョリーの予告編が凄くかっこいい「Wanted」のプレミア上映記事があったので、読んでいた。出産控えて流石のジョリーもいないなあ。映像メッセージとかあったのかなあ、とか、ジェームズ・マカボイって、やっぱイギリス人の田舎臭さがあるなあ〜と、思っていたら、このおばさん誰?と気になる人が。そうしたら、久々のロリ・ペティだったんだけど、あまりの老け具合にびっくり。髪型のせいにしても、ええ〜?同じ歳なのに〜って。

多分日本じゃ知名度高くないロリ・ペティ。一番わかりやすいのは「ハートブルー」のキアヌの相手役だと思う。筋肉ムキムキなんだけどかわいかったんだよね。その後も体育会計の役や個性的な役をやっていたから、そういう人がこんなに老けちゃうなんてショックかも。

でも白人だとこんなものなのかなあ?そういえば、映画が公開で最近やたらと出てくるサラ・ジェシカ・パーカーとかもアップになるとひび割れそうなぐらいファンデが目立つしなあ。かくいう私は日本人なのに老け顔だし・・・。

なんて思いながら念のためロリを検索したら、英語のウィキで63年生まれになってた。あら?あなたも年齢偽ってたくちなんだ?ず〜と64年生まれで親近感湧いていたのに。まあ、この歳で1つ違いがなに?って感じだけどね。

ところで、この映画にロリも出ているってことなのかな?今でも体育会系?


posted by anne at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 1963年生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
" target="_blank">
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。