2008年10月23日

ペイリンも結局政治のコマにしか過ぎない?



全然ニュースを見てないし、新聞を読んでないから全然わからないのだけど、たまにテレビニュースで見る米大統領選といえばオバマの話題ばかりな気がしているのだけど、これって日本のマスコミが偏っているらしい。

職場にアメリカに親類や友人が多いという人がいるのだが、その人の言うには知り合いでオバマが勝つと言っている人は一人もいないらしい。なんやかんや言ってもオバマが黒人というので不利なんだそうだ。私は漠然とニュースでオバマが有利と刷り込まれていたので、このままいくとオバマ暗殺されちゃうんじゃないか?なんて思っていたのだけど、やはり暗殺の恐れは強くて、実はその人望で党派を超えて人気のあったパウエルが黒人で初の大統領になるのじゃないかと言われていたのに断念したのは、暗殺を恐れて奥さんが反対したからなんだそうである。で、奥さんといえば、オバマの奥さんがまた凄く嫌われているらしい。日本と違って政治家の妻が必ず出てくるアメリカでは、妻の人気も重要でオバカブッシュの奥さんやパパブッシュの奥さんの人気があるのは私も知っている。それなのに、選挙戦まっただ中なのに妻が嫌われているんじゃ、不利だよね。

で、そんな話を聞いた直後の今日(というか昨日だけど)こんな記事を見つけました。「米大統領選はマケインが勝つという理由」タイムリーすぎます。

簡単に言うと、オバマは反ヒラリーが多いために担ぎだされたコマ、今回の大統領選は元々反ブッシュのマケインが出てきているので、対政党という選挙ではない。そんな中で民主党がどちらが選ばれても初の黒人大統領&女性大統領で二つに割れてしまい、反ヒラリーで出てきたオバマが、副大統領にヒラリーを指名できなくて、二つに分裂したままで民主党派が弱くなったのに対して、共和党が初の女性副大統領というコマを出して、有利になっている、というもの。(簡単にしすぎたので、詳細はこのサイトを読んだほうがいいかも)初めての〜が好きなアメリカ人に訴えるものが大きいのだとか。しかも黒人のパーセンテージよりも女性のパーセンテージの方が有権者は多い。(まあ、単純に半分は女性だからね・・・)元々民主党と共和党は半々なので浮動票がどう動くかなのだが、有利な方にその浮動票が動く上、今回は民主の半分に割れた不動票もそこに行くのではないかというのである。

こんな記事を読むとやっぱりそうなのか、と思うと同時に、コマというからには、それを操る人がいるわけで、そっちのほうが怖いなあと思うんだよね。

いずれにしても、実際はその時にならなけりゃわからないし、これの最後にあるように浮動票がどう動くかにもよるのだけれども、このままオバマが勝利するよりも、この記事にあるような結果の方がわかりやすい筋書きに思える。となると、やはり初の女性副大統領誕生になるわけだ。だが、ペイリンのスキャンダルは否定要素なんだよね。また、新たなスキャンダルが出てきているようだけど・・・。が、その注目がペイリンの年齢や女性であること、ミスコン出身者であること、ということから担ぎだされたことによるもの、と思うと、政治のコマでうまく利用されて必要以上に急激に注目されてしまったんじゃないか?と哀れにも思えるのだ。まあ、スキャンダルの内容をみているとしたたかなのかな?とも思えるけれども。(そうじゃなきゃ政治家にはなれないだろうし)

やはりどういう結果になるかわからないね。
posted by anne at 04:46| Comment(1) | TrackBack(0) | 1964年生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

同じ歳の副大統領誕生?



北京オリンピックの開催時を含め、ここに書くのにぴったりの人が何人もいたのにず〜とさぼっている間に、こんなスゴい人が出てきていました。ここ何ヶ月もニュースもちゃんと見てないし、情報が遅いんだけど、同じ歳生まれで副大統領候補!凄すぎる。まあ2月生まれなので日本だったら1学年上だけど、いつも言っている通りこの歳で1学年上なんてもう関係ないし。

このペイリン女史といえばその波瀾万丈さというが、ほんとに波瀾万丈。なにしろ20歳でミス・アラスカ2位の後テレビ局のテレビレポーター、でその後24歳頃結婚した旦那と漁業に従事、漁師になったとあるのだから、え〜?だ。しかし、その後28歳で市議会議員、32歳で市長、42歳で州知事。男性でも若いと思うのに、女性でこれって凄いことだと思う。例えアメリカでも。日本じゃ絶対無理。しかも、今年の5月頃に5番目の子の次男を出産したばかり・・・。えっ現職の州知事が産休とったってこと?(いや副大統領候補に指名されているんだから、もう現職の州知事じゃないよね?なぜかいつまでの任期だったかが私が検索したものには書かれてない!)で、1年も満たない育児中に副大統領候補?いや〜、いくら副大統領の仕事が暇(?)と言われていても、日本人の感覚からするとありえない〜って感じだよね。しかも大統領選の活動と言えばお祭りかと思うような騒ぎなのは、海外でも有名なのだから、実際凄く忙しいと思うのだけれど。

で、次男がダウン症らしい。ちょうどそれについて演説で言ったという記事が↓



あっ、やっぱり現職州知事らしい。これって日本じゃやはり考えられないよね。現職知事が出産して直後に副大統領候補なんて。

やはり波瀾万丈です。まあ、色んな疑惑(職権乱用等)が出てきたり、長女が17歳で妊娠・結婚することになったり、と、色んな問題が出てきたので、このまま副大統領になれるのか?とは思うのだけど。それにどちらにしろ共和党よりも民主党のオバマが有利だから、多分この人の副大統領はないんじゃないか、とは考えているのだけれども。

それにしても、これだけ色んなことをやってきたって、やはり凄いことだと思う。例え考え方が私とは違っていても(全米ライフル協会会員だし、人工中絶や同性婚や進化論等キリスト教から来る考え方、地球温暖化に対する意見等)、女性としてはその力強さは尊敬する、それにそのきれいさは羨ましい。いつも思うのだけど、きれいな人ってそうじゃない人より有利なんだよね。ただ、有利な面もあれば不利な面もあるのも事実だから(不利な面だけは私はラッキ〜)このペイリン女史は、賢いんだろうなと思う。頭の良さだけではやっていけないはずだから。
posted by anne at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 1964年生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月03日

キアヌも歳とったな

この頃キアヌといえばこの髪型

(↑この頃、キアヌと言えばこの髪型。よく見ると、なぜかサイコサスペンスと書かれている。ごく最近書かれたコピーだけど、え〜?誰がこんなコピー書いてるわけ?映画見てるのか〜?どこにもサイコもサスペンスもないぞ〜。一種の青春映画なんだけど・・・。)


キアヌが大作に出るきっかけとなった映画『リバース・エッジ』を久しぶりに見た。うわ〜1986年映画ってことは22年前?きゃ〜。もうそんな歳なわけ?って我ながらぞっとする。

映画の公開は製作時より1年後ぐらいだから、この映画の当時キアヌは21歳ぐらいだったわけだ。どうりでキアヌ美しい〜。で、最近のキアヌは美しいとは言えない。もうすっかり大人の男。レオやホアキン、あるいはマット・ディロンのように凄くかわいかったのにむさい感じの男男した感じにはなったわけではないが、あの頃の美しさはキアヌにはない。また、ジョージ・クルーニーやジェラルド・バトラーのような歳をとるごとの魅力みたいのもない。それがちょっと悔しいのだが。

ここ何年かで急に老けた気がするキアヌ。最新の映画(日本未公開だけど)2本のキアヌを見てもその前までのキアヌと比べるとかっこ良くない気がする。そこ行くと、1つ年上の私が好きじゃないブラピなんて、皺が目立つ顔になっているのに、かっこいいと思う。やはり最新の映画映像を見ても老けを感じさせないし、面白そうな映画ばかり。(ブラピ好きじゃないのでそこが悩みどころ)この間の赤ちゃんの公開写真のブラピもかっこ良くないのかっこいいという、矛盾した感想。つまり私生活の充実感のなさがキアヌを老け込ませているのか?最近結婚したいとか、子供欲しい発言してなかった、そういえば?

ところで、先月末のゴシップ記事で今年の4〜5月にキアヌと付き合っていたパーカー・ポージーが妊娠4ヶ月でキアヌと子供服を買っていたという記事が。真偽のほどはいずれわかるかと思うけど、もし妊娠としたら、それもこの歳でかっこ良くないよ、キアヌ。だって夏にはヨーロッパで中国系の女優(トップレス)と海で遊んでいる写真をパパラッッチされているし、今日ネットで見たら良く噂になるアマンダ(ジョン・テーラーの前妻)とのユーチューブ映像が出ていた。ウィノナ・ライダーとのゴシップ記事もピープルのサイトにアップされている。

もし子供ができるなら、ずっと同じ人と付き合っていて妊娠になってほしい。だってもしほんとに妊娠だったとしても、そんな付き合いじゃ結婚も同棲(古い表現だな)もなしでしょう?

しかしキアヌの子供見てみたい。だが最近のようなセレブベビーが見放題、というのはどうか?とも思う。日本の雑誌のように芸能人の子供は顔をぼかすべきだと思うのだが。(といいつつ写真を見ているけど)

さて、最初に戻って「リバースエッジ」なんだけど、これを見た当時はキアヌの第一次ブレイクの頃で、この内容も衝撃的だったし、悩むキアヌにもしびれたんだけど・・・。今見ると、自分の視点が変ってしまっている。この映画の主要メンバーは高校生&キアヌの弟役の12歳の子と、デニス・ホッパー扮する世間から隠れて暮らしている男なのだけど、前回はキアヌ目線でストーリーを見ていた私が、今回気付くとデニス・ホッパー目線になっていた。まあ22年前の映画だもんなあ。どっちかといえば撮影当時のデニスの年齢に近いのか〜。(チェックしたら当時49歳ぐらい)まあ、同じ作品も自分の年齢で視点も感想も変るんだよね、日々人間は成長しているから。特に子供時代や若い頃の視点や感想と、大人になってからの物は凄い変化している。それが面白いんだけど。

それにしてもあれほど美しかったキアヌが老けちゃうんだから、私がこんな老けちゃうのもいたしかたのないこと・・・、と慰める私である。

large-msg-122108299002.jpg

最新のパパラッチ写真。こんな追われる生活も大変だよね。ちなみに連れの女性はパブリしストしらしいのでビジネス上の連れ。









posted by anne at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 1964年生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
" target="_blank">
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。