2010年10月10日

1964年(昭和)39年10月10日

この日東京オリンピックの開会式が行われました。

一年以上ぶりです。anneです。更新しない間に世の中では色んなことが起きましたが、私はあまり変わってません。いや、変わっているか、内面的に。でも環境もなにも表面は変わってないんです。なんで、こんなに変わらないんだろう?と思います。ずっと同じ生活してます。結局同じ職場にまだいますし、部署は10年同じです。

そういえば先日、職場の20年表彰がありました。ついこの前10年表彰したばかりな気がしてるのに、あっという間です。時間の流れの加速が止まりません。なぜ、体感時間は年とともに変わるのか?それは、経験値が関係すると、以前脳学者が言ってました。

わかりやすいのは、新しい場所に行った時です。行きは初めての道だから長く感じ、帰り道は既に経験しているから短く感じる。

子供時代の体感時間が長いのは、初めての経験ばかりだからで、大人になるにつれ、経験したことの繰り返しが増えるから、短く感じる。

今大河ドラマの「龍馬伝」にハマッていて、結構龍馬のこと考えている時に、この時間の話を聞いたので、ふと考えた。私と龍馬の人生の体感時間を比較したら、彼より10年以上長生きしてる私のほうがきっと短いはず!と。ショックですが、なにしろ龍馬は旅をして日本中移動しているし、もしかしたら海外にも行ってるんじゃないかとも言われてます。色んな人に出会っているし、政治的な活動で、日本の歴史を変え、新しいことを日々実践してました。 過去の歴史として書くのは簡単だけど、当時絶対できないと言われたことばかりやっていた龍馬は、20年同じ会社で同じことやってる私とじゃ比較にならない。

そういえば日本という国も、東京オリンピックが節目の年で高度成長経済の国になって、目まぐるしく変わってきた。人間であれば体感時間は相当長かったはず。

私と同世代以上の人は、東京オリンピックの年はみな知っている。子供の頃生まれ年聞かれて答えると、東京オリンピックの年と必ず言われたもんです。しかし、今バルセロナやシドニーが何年だったかとか引合に出す人はいない。それほど東京オリンピックはインパクトのあることだったのだ。

その輝かしい年の一大イベントが、46年前の今日から始まった。輝かしい年に生まれた私は、しかし気付いたら輝かしくない毎日で、愚痴をこぼしている。日本という国も目まぐるしく変わるのが当り前になりすぎて、体感時間も短くなっている気がする。

こんなことじゃいけない!毎日なにかしら新しいことしなきゃ!とか、私もなんか日本を変えられるはず!とか、最近は模索の日々です。(実践しなきゃ!)
posted by anne at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 1964年生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月04日

チャールズ皇太子や猿之助と並んだ?石原真理子

また時間が空いてしまいましたが、さっき週刊誌を立ち読みして書かなくちゃ!なんて考えてしまった。

そう先月末に急に話題になった石原真理子と玉置浩二の復縁&緊急入籍。世の中を、というより当時を知る年代の人を驚かせた二人だけれども、二人が別れてから既に23年経っているそうな。そう数字で書かれてしまうと、こっちがびっくり。玉置はその間に2度結婚しているし、石原真理子もアメリカで結婚していたので、玉置の最初の結婚を含め二人会わせて6度目の結婚とか書かれていた。(合わせる必要ないと思うが)

が、こんなことを書きながら、当時も今も玉置浩二や石原真理子にそんなに興味はない。でもあれだけ世間を騒がせた人たちのその後という意味では興味津々。最初に聞いた時には驚いたけど、長い時間の後復縁結ばれたというので、チャールズ皇太子とカミラ夫人や市川猿之助と藤間紫を思い出した。双方のカップルとも復縁の際には色々言われてはいるし、その前の結婚がうまく行かなかった時にも色々言われている(少なくともチャールズの方はオンタイムで知っているが、多分猿之助も色々言われたというか書かれたんだろうと思う。)

世の常で、男性よりも女性のカミラ夫人や藤間紫のほうが、男性サイドよりも酷い書かれかたや言われ方をしていたが、男性サイドも色々言われていた。身から出た錆とはいえ、望んでそうなったわけでないとなれば、別のサイドから見れば、結ばれるべき二人が結ばれなかったために生まれてしまった悲劇の主人公たちとも言える。その生まれとか義務とか立場とか年齢差とかあるにしても、そんな障害を長い年月の後に乗り越えて結ばれたというのは、ある意味凄く羨ましい話だと思う。長い年月が経てば、若さは衰え、身体にはガタがくるし、若い時には見えなかった内面のボロも見えるようになってきているはず。しかし幻滅などせずに結ばれるなんて本物だったってことでしょ?いや若い時には我慢できなかったようなことも、ある程度の年齢になれば寛容になってやり過ごせるようになっているからかもしれない。だが、ある程度の年齢になると我慢できなくなることも多いのが世の中。そんな世の中のどれだけの人たちがこんな出会いをしている?少なくとも私にはそんな出会いは未だにない。

そんなわけで、私は二人にはがんばってもらいたいなあと思っていたのだけど、やはり前途多難なのか、既に色々言われたり書かれたりしている。まずみなすぐに思い浮かべたのがDVは大丈夫か?だと思う。しかし薬師丸ひろ子と夫婦の時にはそんな話はいっさいなかったし、若さと環境とが生んだものだったのかもしれないと期待。それなりのときを経て、二人とも穏やかな愛が育めるようになっていてほしいと思う。

ちなみに私が立ち読みした週刊誌では、同じ歳生まれとして岩井志麻子がやはり二人を応援するような言葉を彼女独特の言い回しで書いていた。チャールズとカミラや猿之助と藤間紫が結ばれた時に比べればまだ若いと思うが、玉置は50歳、2月生まれの石原真理子は45歳、と全然若くないカップルなので、人情として応援したくなる人が多いのかもしれない。今回の二人の言動であきれている人たちも多いようなんだけど、私もどちらかといえば応援目線でいたい。

posted by anne at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 1964年生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

かっぱえびせんは同じ歳!

この間知ったばかりなんだけど、なんとかっぱえびせんは1964年生まれだそうな。今じゃスナック菓子なんて氾濫しすぎるほどあるけど、私が子供の頃のお菓子と言えば駄菓子とベビースターラーメンとカールとかっぱえびせんしかなかったイメージが。あとは、ハートチョコレートとか、ライスチョコレート、マシュマロチョコレート、それかせんべい。せんべいで一番印象に残っているのは三枚京焼きだなあ。

そんな子供時代だけど、今の子供と違ってお菓子はそんなに食べなかった。駄菓子屋も毎日行くほどおこずかいもらってなかったし、カールやかっぱえびせんなんて親が買ってくれないと、自分からはそんなに買えなかったし、今の親と違ってスナック菓子なんてあまり買わなかったし、せんべいとかもお客が来るとかじゃないと買い置きしなかったから、食べなかった。おやつにするのは漬け物とか、おにぎりとか。たまにさつまいもの蒸かしたのとか。考えてみたら、ヘルシーだったなあ。なのに、今じゃ自分でしょっちゅう菓子買って食べちゃってる。今の大人ってダメだよなあ。

今は美味しいものが多いけど、スナック菓子でかっぱえびせんとカールを超えるものは出てないと思う。そんなわけで時たま無性に食べたくなる1位はかっぱえびせん、2位はカール。実はカールはカレー味しか好きじゃなくて、子供の頃あまり食べなかったのに今じゃチーズ味好き。だから凄くたま〜にだけど買うことがある。かっぱえびせんにいたっては、今じゃ必ずどこのお店にもある状態じゃなくなって助かってるけど、新しい味が出るとコンビニに置かれるので、そうすると試しに買ってしまう。菓子メーカーの思うつぼの私。

ほんとやめられないとまらない、なんだな。しかも今ブランドサイトを開いてみたら、ご当地かっぱえびせんなんてあるじゃん。う〜、食べたい。

かっぱえびせんはもうスタンダードだから、消えないだろうし、死ぬまで食べちゃうだろうなあ〜。
posted by anne at 02:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 1964年生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
" target="_blank">
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。