2007年08月05日

いくつになっても変わらない?松田聖子

今日バレーボール女子ワールドグランプリのオープニングで歌う松田聖子と藤井隆をテレビで見たんだけど、声も見た目も変わらないよね、聖子。しかもマシューは好きだけど藤井隆は嫌いなのに、なぜか一緒に歌っている藤井隆がかっこ良く見えてびっくり。松田聖子のオーラ力?

たぶん、今、同世代で松田聖子を嫌いな人ってあんまりいないんじゃないかと思うのだけど、最初の頃は私は嫌いだったんだよね。しかも大嫌いのほう。たぶんこういう昔大嫌いだったけど、今好感持っている人も多いと思う。これって一重に松田聖子の生き方と仕事ぶりの賜物だから、つくづく松田聖子って凄いなあと思う。

たぶん若い子って若いだけあって、人に厳しいから、今思うと自分が若かった当時松田聖子が嫌いだった理由なんてくだらないことばかり。今同じような年代のアイドルを見ても、そんなことで気に食わないということにはならないから、やはり若さ故の嫌いだった。その上、ほぼずっと現役でその仕事ぶりやスキャンダルへの対応の良さを見ていれば、嫌いから好感へ変わるのは当たり前のことだったと思う。

なにしろ彼女は私生活をベラベラ喋らない。まず私はそこから松田聖子に注目するようになった。一応芸能人としてなにかあった時の発表はあるが、必要最小限に止めている。あれだけ、スキャンダルやなにやらあって芸能レポーターに追いかけられ、関係者にあることないこと言われても、自分はなにも言わないで沈黙を通してきたのが凄い。たぶん言いたいことはたくさんあったと思うのだが、よく沈黙を守り通したと感心する。しかし、そこが松田聖子が女性からの支持を集められた理由だと思う。

もちろん女性としての結婚・出産や離婚と色々な経験を見られ続け、仕事で成功し続けていること等の要素もあるが、やはりなにかが起きた時の対応の積み重ねが大きいと私は思う。それからわかりやすいのが沙也加の育て方だ。初めてテレビで沙也加を見た時に、同世代の子と違った礼儀正しさとしっかりした受け答えに驚いた。ああいうのは付け焼き刃でできるものではないから、しっかりと育てたんだなあと、聖子はいいお母さんなんだなあと思ったもんだ。しかもウィキで検索してみたら今も神田聖子で、離婚で子供の名字が変わるのは問題というのと娘と同じ名字でいたいために、神田姓で戸籍を作ったと書かれていた。知らなかったけど、また見直したよ聖子。

松田聖子のコンサートには二度行ったことがあるのだが、聴き込んだことはないのに、ほとんどの歌がわかるので、楽しい。考えてみたら同世代で今も現役の女性歌手が他に浮かばない。(たまに歌う人はいるけど)同世代で頑張っている人がいるというのは、こちらにもパワーをくれるし、聖子の声や変な癖のない歌い方は好きなので、あの美声にはこのままずっと頑張って欲しい、聖子ばあちゃんになっても、と思うのである。
タグ:松田聖子
posted by anne at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 1962年生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/50323931
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
" target="_blank">
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。