2010年12月02日

名は体を表す典型、シーシェパードのゴジラ船



こういう環境テロ組織はいつまでいるのだろうか?ところで世界的に暗躍しているこういう組織ってやはり西欧世界発祥ばかりですね。まあ、闇の中には色んなものがあるのかもしれないけれど、そういうのは分からないので除きますが。自分達の価値観、文化感を押しつけて厚顔な人達のことは永久に理解できない。

しかも、捕鯨を止める為と言いながら生命の源である海をこれだけ汚して平気な人達をなぜ西側の人達も止められないのか?

今回わざわざ船の名前をゴジラと命名しているが、これは日本が狙いだと公言しているわけでしょ?確か捕鯨をやっているのは日本だけではないはず。今ウィキを見たら現在も捕鯨を行っている国として、ノルウェー・アイスランド・アメリカ・ロシア・デンマーク(グリーンランド)・フィリピン・インドネシア・カナダとある。まあ、捕鯨状況が国によって違うにしても、シーシェパードの狙いが日本なのは明らかだ。

私は基本肉食ではないし、肉食を止めれば食糧問題などに貢献すると考えている派だけれども、ただ哺乳類だからとかかわいそうだからというだけで、他の国の価値観や食文化を否定はできない。もしそうするなら、まず自分たちの文化圏の肉食を全部止めてから来てほしいと思う。なにしろ哺乳類を食べているのは日本人だけではないし、元々日本の哺乳類食は食文化としては少ない方だったのに、戦後の食文化の変更政策(米の)で肉食が増えたぐらいなのだ。(それに昔は鯨やイルカは魚だと思っていたし)

私はいつも牛がかわいそうだなあと思っている。だから、シーシェパード、いや陸だからグリンピースなのかな?ぜひ欧米・オーストラリア・ニュージーランドの牛の食肉化を止めてほしい。その上で捕鯨反対に来て下さい。


こんなこと書くと過激な人が来ちゃうかな・・・。




posted by anne at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 現在 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/171532604
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
" target="_blank">
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。