2010年11月17日

硬派なキャスリン・ビグロー



こんな、見下ろしてどんだけ背高いカメラマン?


ずっとなまけていたから、今年のアカデミーの時にもキャスリン・ビグローについて書こうと思いつつ書かなかったけど、この人は私がカッコイイと思う人の一人。ちょうど同じくかっこいいと思うジョディ・フォスターと映っているので、この写真使う。しかしこの同じイベントであのアナ・ウィンターと映ってる写真もあったのだがアナのほうが凄く野暮ったくみえる。つくづく才色兼備なのだなと思う。そういえば映画撮影中のキャスリンの写真を見ても、ノーメイクなのに女優みたいだったなあ。


私が初めて彼女を知ったのは、以前にも書いたかもしれないので分かる人はすぐわかるだろうけど「ハートブルー」(何回書いてもこの題名は恥ずかしい。英語題名ならやはり原題の「ポイントブレイク」で良かったよ。)を見たから。あの映画を見て、えっ?これが女性監督の映画?ってびっくりしたもんです。なにしろ作品が骨太というか、硬派というか。キアヌ・リーブスはこれで一躍イケメン俳優として注目されるようになった映画でもあり、題名のポイントブレイクを地でいった成功をかけあがっていった。(この映画のプロモーションで来日中に「ドラキュラ」のオーディションが決まり急遽帰国しちゃったので、私はオールナイト上映イベントのチケット買って生キアヌに会えるのを楽しみにしていたのに、会えなかったんだよな〜。)キャスリンがキアヌに注目したのは「リバース・エッジ」を見たから。ほんと見る目あるよキャスリン。しかも硬派のキャスリンではあっても、この映画のキアヌは美しく撮られていて、女性としてキアヌはきれいに撮っちゃうよね〜なんて(勝手に)同感したものです。

この映画のあと、「ブルースチール」も見ましたが、やはり女性の作品には見えない。下手な男性監督が同じ題材で創ったとしてもここまで骨太で硬派にはできないだろうぐらい、硬派だと思うのだ。

きっと本人自身もそういう人なんじゃないかな?と想像してしまうのだが、なにしろそのご本人がこの美しさというのがまたかっこいい。1951年生まれということは、えっ今59歳?全然見えません。まあ、ウィキに今現在使われている写真はそこそこ年齢が出ているとは思うが、この写真では40代だって通ると思う。やはり女性は美しいが勝ちだ。それでもそこに美容整形だのなんだののがんばっている感があると見ていてきついが、この写真ではそうは見えないし、やはりこれは人生の勝利者に見える。だって、史上初のアカデミー賞の女性監督受賞者です。しかもアカデミーの時は元旦那の作品と監督賞を競い合っている。

旦那のジェームズ・キャメロンは典型的な乗換旦那で、今の奥さんは3人目?4人目?あれ?また離婚したんだっけ?で、そのキャメロンはもう見た目完全におじいちゃん。なのに、元妻はいまだにきれいでかっこいい。多分離婚した他の妻たちよりも最初の妻の方がかっこいいし、きれい。これって最高の復讐なんじゃないかな?まあ、復讐しようとはしてないと思う。多分硬派なキャスリンは、そんなこと考えもしないと思う。(勝手に想像)

私もできればこんな感じのかっこいい女性に今からでもなってやるぞ〜!って思うのである。
「ハートロッカー」も見逃したから見なきゃ。
posted by anne at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 1960年以前生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/169695510
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
" target="_blank">
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。