2010年10月20日

ヒールばかり履いている人の体型?

先日朝一で人間ドッグへ行ったら、全身真っ黒のミニスカートスーツにストッキングで化粧も濃い60代ぐらいに見える女性が来ました。なにしろ朝の病院に似合わない格好なので、興味深く観察してしまいました。

まあミニといっても膝上ぐらいなので、脚がきれいなら私はいくつになっても反対しない派です。しかし、あることに気付いたのです。それは年配になるほどありがちなのですが、脚が細い割に胴回りやいや腰回り以上が異様に太いのです。多分脚の筋肉は落ちるけど、上半身に肉がついてアンバランスになっているのではないかと思いますが、そのアンバランス度が高い。考えてみれば、若い時は肉が付く時は全身肥えていきます。しかし、年とともに脚に肉は付きにくくなるのかどうか、お年寄りは下半身が細い人多いです。

そして、ヒール履いている人は特にアンバランス度が高い気がすることに気付いたのです。

というのも同じ職場に、若い時からイケイケ服ばかり着ていつもヒールだった同じ歳の女性がいるのだが、最近気付いたら、脚は細いままなのに異様に胴回りいやお尻からだったかもしれないが、肉がついているのだ。全体で見ればまだ細いがゆくゆくは、病院で見た女性と同じようになるのが見えました。

私は彼女の体型にある時期から気付いて、自分の体型をしょっちゅうチェックしてるが、私は以前と変わらないバランスのまま。ちなみに私は運動不足を真剣になんとかしないとまずいと思うぐらい筋力衰えてます。

彼女にあって私にない、あるいは彼女になく私にあるものといえば、ヒールを履くかどうかの違いしか思いつかない。で、病院の女性を見て確信したのです。やはりヒールだ!と。

つい最近ヒールをいつも履いている30歳の職場の女性がが言っていたのだが、ヒールばかり履いている人は、筋肉だか筋だかの長さが変わってしまうんだそうだ。その子はそれでもヒール履き続ける!と笑っていたのだが、やはり身体の基本である脚や足は毎日色々動かした方がいいのだろう、と今それを思いだして感じる。最近つい目がいくのだが、ヒール履いている人の歩き方を見ると、脚が前後しているだけで足が動いていない。筋肉や筋の(同じもの?)の長さはわからないが、つかわなければ筋肉衰えるのは確かだ。それで変な肉がつくのかもしれない。

職場には、いつも誰かしら高いヒールしか履かない女性がいるが、彼女達に共通していることは、ほんとにヒールしか履かないこと。つまり、ヒール以外持ってない。引越の時もヒール履いてやったというのも聞いたことがある。

まあ、ヒールも好きなだけ履いて構わないといえば、構わないのであるが、やはりものには限度がある。病院にいた女性のように、その場にふさわしくない全身黒のヒールで来るよりは(まあその後の予定とかもあっただろうが)、その場所や時間に応じて、色々変えるような臨機応変はフアッションだけでなく、身体にもいいのではないだろうか?と感じた次第です。

それに、せっかくおしゃれでヒール履き続けて、最後変な体型は悲しい。
posted by anne at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | エイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/166516344
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
" target="_blank">
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。