2008年07月02日

「Made Of Honor」のパトリック・デンプシーもセクスィー



昨日試写会で「近距離恋愛」を見て来た。実は最近見たロマコメ「27のドレス」がアメリカでヒットした割にはいまいちだったので、期待していなかったのだけど、飛ぶ鳥を落とす勢いのパトリック・デンプシーに外れはないのかも?だって、つい最近の「魔法にかけられて」も傑作だったが、ロマコメとはいえタイプが違うこちらも面白い。同じロマコメでも、ディズニープリンセスが出てくる「魔法にかけられて」は子供が見ても大人が見ても楽しめる、全年齢向け映画だったけど、この「近距離恋愛」は子供は一緒に見れない。もし一緒に見ていたら、あれなに?どういう意味?攻めで説明できずに苦労すること請け合いだ。きっとパトリックも「魔法にかけられて」のようには映画を自分の子供には見せてないだろう。ショウビズのインタビューだったかで言っていたが、「魔法にかけられて」では子供をセットに連れて来て、お姫様(エイミー・アダムズ)に会わせて感激させたそうな。こういう仕事をしていると一般人には出来ない方法で、周りの人を喜ばせられるよね。

ところでこの映画の中ではスコットランドの力比べみたいな祭りに参戦するんだけど、それがミニのキルト姿!スコットランドの普通のキルト姿の男達に馬鹿にされちゃうんだけど、脚がかっこいいので結構かわいい。それから流石に下着をつけていて(通常キルトの下に下着はつけない)競技の最中にキルトの中が見えるのだけど、それがほんとうなら格好悪そうなのに、格好悪く見えない。黒ハートいい男は得だ。

第一この映画の中のパトリック・デンプシー演ずるトムは、今時こんな尻軽な奴いるのかぐらい鼻持ちならないプレイボーイ。私ならこんな男とは親友になれないと思うのだが、パトリックなら許す!ってな感じになってしまう。だが、これだけ魅力ある感じのいい奴が、こんなに嫌なプレイボーイにはならないと思う。もし、映画のように嫌なプレイボーイなら、性格とかもほんとに嫌な奴のはず。なんぞと、映画の中のことなのに、真剣に考えてしまった。

実際のパトリック・デンプシーは家庭人らしく子供と一緒の写真とか見ると子供が羨ましくなるぐらいかっこいいパパなんだけど、自然な感じのパパ。結婚は2回目だし、最初の奥さんは前も書いたけど、お母さんぐらいの年齢の人だったし、たぶん浮いた感じの付き合いはしない人だと思う。今の奥さん羨ましいなあ。

映画の話に戻るけど、まあもともと設定もバカバカしいし、楽しんで見るタイプの映画。素直に見ないと突っ込み所満載の映画なんだけどね。でもスコットランドの映像はきれいだし、NYの町並みも見れるし(一緒に行った友人の大好きなDEAN & DELUCAが一瞬出て来て顔を見合わせてしまった。)、NYとスコットランド好きにもたまらない映画です。もうずっとNY行ってないし、行きたいなあ〜と私も思った。それにスコットランドは憧れの地。あんなすばらしい映像を見せられちゃあ、ヨダレものです。たぶん太陽待ちとか大変だったんじゃなかろうか?

それからパトリック・デンプシーのジャグリングの技が見られる。世界大会とかに昔出ていたららしいんだよね、パトリック。

しかしなあ、この映画の「近距離恋愛」という題名が気に食わなかったんだよね。原題の直訳のMade Of Honor「花嫁付添人」で良かったと思うんだけど。それか「僕が花嫁付添人?」とかさ。そのほうが、この映画のコメディらしさが出て良かったんじゃないかと。なんで「近距離恋愛」なんだろ?

それから気になるのが映画サイトに書かれている「パトデン」さっき立ち読みしたブルータスにも書かれていたけど、「パトデン」はないだろ?なんでもブラピのように略しゃあいいってもんじゃないよ!って言いたくなる。

奥さんと一緒のパトリック


ベルサーチの広告のパトリック、セクスィー(セクシーじゃないハートたち(複数ハート)セクスィーです)

posted by anne at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 1966年生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101966967
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
" target="_blank">
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。