2008年06月29日

子供の頃大好きだった西城秀樹にバッタリ

昨日髪の毛を切りに行ったら、渋谷のジャンジャンのところで撮影が始まった。向かい側にお店があったので、チラチラ撮影を気にしていたんだけど、目が悪くて誰が撮影されているのかわからず。しかし、そのうち塚本高史だということにお店の子が気づいて、え〜そばで見たい、見たい、と思いながら、ブローまで終わるのを待っていた。もちろん、お店を出た後は、速攻で撮影現場の前を歩いて、塚本君のえくぼまで見ることが出来た。結構お気に入りの俳優なので、ウキウキしてしまった。

その後習い事に行く予定だったので、そこに向かっていく途中、高級そうなインテリアグッズの店がセールをやっていたので入ってみた。初めて中にはいったんだけど結構奥行きがある上、オーガニックの化粧品まであって、興味津々で見回っていたら誰かが大きい声で話しながら来たんだけど、なんとなく聞き覚えのある声で、何の気なしに振り返ったら西城秀樹!ひょえ〜。実は小学校2年生のとき大好きだったんだよね。傷だらけのローラの下敷きだって、持っていた。なにしろ、私が静電気で髪の毛持ち上げた下敷きは、西城秀樹の下敷きだったんだから。

大きい声で話していたのは、子供と一緒だったからのよう。子供と一緒だとみな声が大きくなっちゃうんだよね。(なぜなんだろ?私も友達の子供と一緒の時って、声が大きくなっちゃう)秀樹、パパなんだな〜って、改めて思ったけど、あんなかっこいいお父さんなかなかいません。だって、歳いくつ?ってウィキで見たら1955年生まれ。またまた、ひょえ〜。会社のあのオヤジや、このオヤジと同じ歳?ヒィヤ〜、見えません。だって、脚とかピタピタ系のパンツだったよ。お尻も小さかったし。還暦のジュリーがまん丸のお腹で赤いパンツ履いていたがショックだったんだけど、秀樹なら還暦迎えても丸いお腹はないと思う。ポール・マッカートニーがいつもダボダボジーンズを履いているのが、ローリングストーンズが未だにピタピタパンツを履いているのと比較して悔しいのだけど、秀樹もローリングストーンズ派なのはマジでうれしい。しかも郷ひろみのような頑張っている感が見え見えじゃないのが、いい。

しかしなあ、塚本高史君を見て、凄く興奮したのに、西城秀樹を見てもちょっとうれしいぐらいでたいして興奮しなかったのにちょっと驚きました。まあ一番好きだったのが小学校2年ぐらいの頃だからね。あの頃はほんとに好きで、群馬県高崎市のカッパドキアという遊園地みたいのに西城秀樹が来ると知って、親に頼み込んで連れて行ってもらったこともある、夏に。(ちなみに私は栃木県出身)父親と二人で行ったんだけど、ステージ前には秀樹ファンがたくさんいて、小学生の入れる隙間はなくて、せっかく行ったのに遠巻きにしていただけ。ただトイレに行きたくなってステージ前を横切っていったら、だんだん前の方に行っちゃって、子供が危ないというのでステージにあげられちゃったというエピソードあり。中高生ぐらいの時、友達に、もしかしたらあの時運命が変っていたかもしれなかったんだよ、言って周りに大笑いされたんだけどさ。というのも司会者にもうすぐ秀樹が来るからね、って言われていたのに、トイレに行きたい私はそこから逃げ出したんだけど、もしかして逃げなければその後秀樹の妹としてデビューしていたかもしれないでしょ?河合奈保子よりも先に。(苦笑?)

小学校の高学年頃から、だいたい好きになる物が欧米系に向いた私にとって、日本人でアイドルのように好きだったのって、この頃の西城秀樹と草刈正雄だけなんだなあ、考えてみたら。あと里見浩太朗。水戸黄門はもちろん大江戸捜査網とか見ていたし。大江戸捜査網は週末だったので遅い時間に始まっていたけど特別に見るのを許されていた。

今じゃ、誰もテレビに出ていても何も感じないなあ、そういえば。でも草刈正雄を生で見れたらうれしいかも?とは思うけど。

それにしても、西城秀樹って凄く背が高いイメージだったのに、あまりそう感じなかった。私が背が高い人に慣れすぎているのか?実際思ったほど高くなかったのか?でも、見上げるほどじゃなかったのは確か。ただ、子供と一緒の西城秀樹の感じは自然な感じで好印象だった。あと子供が普通の子供服を着ていたのも良かった。私小さい子供が変にブランドブランドした服や、フォーマルな素材の服を着ているのが嫌いなんだよね。子供にもよくないと思うし、かわいそうだと思うから。
posted by anne at 23:50| Comment(4) | TrackBack(0) | 子供時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やはり、秀樹は、7年後にカレーのCMに出て「秀樹、カンレキ!!」と言ってくれるのでしょうか?

anneさん秀樹派という事は、マッチ派ですか?
当時、新御三家とたのきんトリオを並べて、秀樹=マッチ、ヒロミ=トシちゃん、五郎=よっちゃん、て感じで組まされてましたよね、明星とか平凡とかで。

自分は案外、河合奈保子派でしたよ。
Posted by ビーマエ at 2008年07月01日 00:26
秀樹、還暦!!ですか〜?うわ〜ん、言っちゃいそうですね、絶対。

ところで、私10代になってから、目がほぼ欧米に向いていたので、アイドル全盛期に好きだった人一人もいませんでした。どっちかというと日本のアイドルをいつもけなしていた派です。(が、一番けなしていた松田聖子、今じゃ好きです。)

私が好きだったのはレイフ・ギャレットで、「哀愁デイト」には激怒していましたよ。しかし、最近見た写真ではレイフ・ギャレット禿げた上に逮捕写真で、路上生活者のようになってました・・・。同じ坊主頭でもインテリ風ジャッキー・アール・ヘイリーとはえらい違いです。
Posted by anne at 2008年07月02日 00:36
ニューヨークシティーナイユーガッタヘブン・・・って、天国じゃなく監獄に行ったんですか(笑)。

頭が薄くなったまではトシちゃんと似てますね。
Posted by ビーマエ at 2008年07月02日 04:36
そういえば逮捕写真じゃなくて、オレンジ色の囚人服でした〜。
Posted by anne at 2008年07月02日 22:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101831760
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
" target="_blank">
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。