2010年10月10日

1964年(昭和)39年10月10日

この日東京オリンピックの開会式が行われました。

一年以上ぶりです。anneです。更新しない間に世の中では色んなことが起きましたが、私はあまり変わってません。いや、変わっているか、内面的に。でも環境もなにも表面は変わってないんです。なんで、こんなに変わらないんだろう?と思います。ずっと同じ生活してます。結局同じ職場にまだいますし、部署は10年同じです。

そういえば先日、職場の20年表彰がありました。ついこの前10年表彰したばかりな気がしてるのに、あっという間です。時間の流れの加速が止まりません。なぜ、体感時間は年とともに変わるのか?それは、経験値が関係すると、以前脳学者が言ってました。

わかりやすいのは、新しい場所に行った時です。行きは初めての道だから長く感じ、帰り道は既に経験しているから短く感じる。

子供時代の体感時間が長いのは、初めての経験ばかりだからで、大人になるにつれ、経験したことの繰り返しが増えるから、短く感じる。

今大河ドラマの「龍馬伝」にハマッていて、結構龍馬のこと考えている時に、この時間の話を聞いたので、ふと考えた。私と龍馬の人生の体感時間を比較したら、彼より10年以上長生きしてる私のほうがきっと短いはず!と。ショックですが、なにしろ龍馬は旅をして日本中移動しているし、もしかしたら海外にも行ってるんじゃないかとも言われてます。色んな人に出会っているし、政治的な活動で、日本の歴史を変え、新しいことを日々実践してました。 過去の歴史として書くのは簡単だけど、当時絶対できないと言われたことばかりやっていた龍馬は、20年同じ会社で同じことやってる私とじゃ比較にならない。

そういえば日本という国も、東京オリンピックが節目の年で高度成長経済の国になって、目まぐるしく変わってきた。人間であれば体感時間は相当長かったはず。

私と同世代以上の人は、東京オリンピックの年はみな知っている。子供の頃生まれ年聞かれて答えると、東京オリンピックの年と必ず言われたもんです。しかし、今バルセロナやシドニーが何年だったかとか引合に出す人はいない。それほど東京オリンピックはインパクトのあることだったのだ。

その輝かしい年の一大イベントが、46年前の今日から始まった。輝かしい年に生まれた私は、しかし気付いたら輝かしくない毎日で、愚痴をこぼしている。日本という国も目まぐるしく変わるのが当り前になりすぎて、体感時間も短くなっている気がする。

こんなことじゃいけない!毎日なにかしら新しいことしなきゃ!とか、私もなんか日本を変えられるはず!とか、最近は模索の日々です。(実践しなきゃ!)
posted by anne at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 1964年生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月13日

バンドエイドのキズパワーパッド凄い!

101012_2220~01.JPG先日の朝出勤途中不覚にも転びました。荷物両手に持っていたせいか顔面強打。両手擦りむいても全然血が出てないので、luckyなんて思って顔触ったら、手が血だらけ。え〜!\(◎o◎)/顔を押さえながら職場に着いたら、鼻のしたと唇が見る見る腫れていきました。鼻は無傷なのに典型的な日本人顔です…。

左目の下や右膝も擦りむいて真っ赤なので、バンドエイドの傷パワーパッドを昼休みに買って来て、マスクしてました、昨日まで。それでなくても傷痕なかなか消えないんだから、最近って。

今日で一週間経ちましたが、傷痕がほとんど消えて感動です。もっとこれ普及すべき!薬局行くと似た製品もありますが、どれも値段が高い。もう普通のバンドエイド不要じゃ?と思ってしまうほど優れものなので安くなってほしい。

私が子供の頃、かさぶたがそこら中あって、治らないうちに剥すもんだから、ずっとかさぶただらけで、夏なんて膿んだりしてました。赤チンキだらけで、赤かったり。しかしそんな傷跡は今もちろん全然ない、が最近の靴ずれとか、痕がなかなか消えない。夏やはり靴ずれに傷パワーパッド貼ったが、その前の痕がまだ生々しく残ってる(T_T)

話を戻すと、あまりにも顔腫れたんで、写真撮っとけば?と言われたが、断固拒否。しかしあまりにも劇的before/afterなので、やはり撮れば良かったと後悔。せっかくなので絵に描いてみました。今こんな感じ。

昨日は連休明けで、転んだ日の傷知ってる人達に傷パワーパッドの威力を見せて回り、mixiにも書いたら、実は随分前からある治療法らしく、ワセリンとラップ使ってできるとマイミクが教えてくれました。そうなんだ、それを製品化したんだ、と納得です。

皆さん、傷には傷パワーパッドですよ。


傷パワーパッドHP
http://www.jnj.co.jp/consumer/bandaid/products/medicaltools/
posted by anne at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 現在 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月20日

ヒールばかり履いている人の体型?

先日朝一で人間ドッグへ行ったら、全身真っ黒のミニスカートスーツにストッキングで化粧も濃い60代ぐらいに見える女性が来ました。なにしろ朝の病院に似合わない格好なので、興味深く観察してしまいました。

まあミニといっても膝上ぐらいなので、脚がきれいなら私はいくつになっても反対しない派です。しかし、あることに気付いたのです。それは年配になるほどありがちなのですが、脚が細い割に胴回りやいや腰回り以上が異様に太いのです。多分脚の筋肉は落ちるけど、上半身に肉がついてアンバランスになっているのではないかと思いますが、そのアンバランス度が高い。考えてみれば、若い時は肉が付く時は全身肥えていきます。しかし、年とともに脚に肉は付きにくくなるのかどうか、お年寄りは下半身が細い人多いです。

そして、ヒール履いている人は特にアンバランス度が高い気がすることに気付いたのです。

というのも同じ職場に、若い時からイケイケ服ばかり着ていつもヒールだった同じ歳の女性がいるのだが、最近気付いたら、脚は細いままなのに異様に胴回りいやお尻からだったかもしれないが、肉がついているのだ。全体で見ればまだ細いがゆくゆくは、病院で見た女性と同じようになるのが見えました。

私は彼女の体型にある時期から気付いて、自分の体型をしょっちゅうチェックしてるが、私は以前と変わらないバランスのまま。ちなみに私は運動不足を真剣になんとかしないとまずいと思うぐらい筋力衰えてます。

彼女にあって私にない、あるいは彼女になく私にあるものといえば、ヒールを履くかどうかの違いしか思いつかない。で、病院の女性を見て確信したのです。やはりヒールだ!と。

つい最近ヒールをいつも履いている30歳の職場の女性がが言っていたのだが、ヒールばかり履いている人は、筋肉だか筋だかの長さが変わってしまうんだそうだ。その子はそれでもヒール履き続ける!と笑っていたのだが、やはり身体の基本である脚や足は毎日色々動かした方がいいのだろう、と今それを思いだして感じる。最近つい目がいくのだが、ヒール履いている人の歩き方を見ると、脚が前後しているだけで足が動いていない。筋肉や筋の(同じもの?)の長さはわからないが、つかわなければ筋肉衰えるのは確かだ。それで変な肉がつくのかもしれない。

職場には、いつも誰かしら高いヒールしか履かない女性がいるが、彼女達に共通していることは、ほんとにヒールしか履かないこと。つまり、ヒール以外持ってない。引越の時もヒール履いてやったというのも聞いたことがある。

まあ、ヒールも好きなだけ履いて構わないといえば、構わないのであるが、やはりものには限度がある。病院にいた女性のように、その場にふさわしくない全身黒のヒールで来るよりは(まあその後の予定とかもあっただろうが)、その場所や時間に応じて、色々変えるような臨機応変はフアッションだけでなく、身体にもいいのではないだろうか?と感じた次第です。

それに、せっかくおしゃれでヒール履き続けて、最後変な体型は悲しい。
posted by anne at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | エイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
" target="_blank">
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。