2008年10月02日

草刈民代バレリーナ引退

今日、草刈民代が引退の記事を読んだ。今年に入ってからだったか去年だったかのテレビ番組で、まだまだバレエをやっていくようなことを言っていたので、驚いた。とはいえ、身体を使う仕事で、身体に不安があれば確かに続けられないのもわかる。彼女、確か去年あたり年齢を知って同じ歳かと驚いたので確認したら65年生まれ。(多分誕生日の関係で同じ歳だった時の番組だ)同世代で第一線で活躍するスポーツ選手がいなくなって久しい(女性。男性はけっこうプロ野球選手にいる)ので、お疲れ様、って温かい目で言いたい。(バレエってスポーツ?)

ところでつい最近森下洋子の記事を読んだのだが、彼女まだ現役なんだそうだ。え〜?ってその時思ったので、ウィキで確認したら、1948年生まれ!今年60歳。これほど長く第一線にいるのは世界にあと一人しかいないそうな。

今後草刈民代がどういう道に進むのかわからないけど、これだけ第一線でやってきたのだし、知名度もあるから、引く手あまたなのかな。それともせっかくだから高齢出産に挑むのかな?テレビで見た時の旦那様の周防監督との雰囲気が凄く良かったので、そういうのもありなのかも?

見た目の雰囲気とバレリーナというお上品さから、なんか私の苦手なタイプなのかな?って感じだったのだけど、周防監督とテレビに出たときの雰囲気からは、ああ、この人凄く話しやすそう〜って、意外な好印象で、それからけっこう好きなんだよね、この人。

それにしてもバレエというのを生で見たのは小学校のときの市民会館で地元の発表会みたいので見たのが最初で最後。一度は見てみたいと思っていたのだけど、せっかくだから同世代の人のなんて、今後見る機会ないかもだし、この引退公演見てみたい!なんてチェックしたら、愛知県でやるそうな。と、遠い。

posted by anne at 20:26| Comment(0) | TrackBack(1) | 1965年生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月03日

キアヌも歳とったな

この頃キアヌといえばこの髪型

(↑この頃、キアヌと言えばこの髪型。よく見ると、なぜかサイコサスペンスと書かれている。ごく最近書かれたコピーだけど、え〜?誰がこんなコピー書いてるわけ?映画見てるのか〜?どこにもサイコもサスペンスもないぞ〜。一種の青春映画なんだけど・・・。)


キアヌが大作に出るきっかけとなった映画『リバース・エッジ』を久しぶりに見た。うわ〜1986年映画ってことは22年前?きゃ〜。もうそんな歳なわけ?って我ながらぞっとする。

映画の公開は製作時より1年後ぐらいだから、この映画の当時キアヌは21歳ぐらいだったわけだ。どうりでキアヌ美しい〜。で、最近のキアヌは美しいとは言えない。もうすっかり大人の男。レオやホアキン、あるいはマット・ディロンのように凄くかわいかったのにむさい感じの男男した感じにはなったわけではないが、あの頃の美しさはキアヌにはない。また、ジョージ・クルーニーやジェラルド・バトラーのような歳をとるごとの魅力みたいのもない。それがちょっと悔しいのだが。

ここ何年かで急に老けた気がするキアヌ。最新の映画(日本未公開だけど)2本のキアヌを見てもその前までのキアヌと比べるとかっこ良くない気がする。そこ行くと、1つ年上の私が好きじゃないブラピなんて、皺が目立つ顔になっているのに、かっこいいと思う。やはり最新の映画映像を見ても老けを感じさせないし、面白そうな映画ばかり。(ブラピ好きじゃないのでそこが悩みどころ)この間の赤ちゃんの公開写真のブラピもかっこ良くないのかっこいいという、矛盾した感想。つまり私生活の充実感のなさがキアヌを老け込ませているのか?最近結婚したいとか、子供欲しい発言してなかった、そういえば?

ところで、先月末のゴシップ記事で今年の4〜5月にキアヌと付き合っていたパーカー・ポージーが妊娠4ヶ月でキアヌと子供服を買っていたという記事が。真偽のほどはいずれわかるかと思うけど、もし妊娠としたら、それもこの歳でかっこ良くないよ、キアヌ。だって夏にはヨーロッパで中国系の女優(トップレス)と海で遊んでいる写真をパパラッッチされているし、今日ネットで見たら良く噂になるアマンダ(ジョン・テーラーの前妻)とのユーチューブ映像が出ていた。ウィノナ・ライダーとのゴシップ記事もピープルのサイトにアップされている。

もし子供ができるなら、ずっと同じ人と付き合っていて妊娠になってほしい。だってもしほんとに妊娠だったとしても、そんな付き合いじゃ結婚も同棲(古い表現だな)もなしでしょう?

しかしキアヌの子供見てみたい。だが最近のようなセレブベビーが見放題、というのはどうか?とも思う。日本の雑誌のように芸能人の子供は顔をぼかすべきだと思うのだが。(といいつつ写真を見ているけど)

さて、最初に戻って「リバースエッジ」なんだけど、これを見た当時はキアヌの第一次ブレイクの頃で、この内容も衝撃的だったし、悩むキアヌにもしびれたんだけど・・・。今見ると、自分の視点が変ってしまっている。この映画の主要メンバーは高校生&キアヌの弟役の12歳の子と、デニス・ホッパー扮する世間から隠れて暮らしている男なのだけど、前回はキアヌ目線でストーリーを見ていた私が、今回気付くとデニス・ホッパー目線になっていた。まあ22年前の映画だもんなあ。どっちかといえば撮影当時のデニスの年齢に近いのか〜。(チェックしたら当時49歳ぐらい)まあ、同じ作品も自分の年齢で視点も感想も変るんだよね、日々人間は成長しているから。特に子供時代や若い頃の視点や感想と、大人になってからの物は凄い変化している。それが面白いんだけど。

それにしてもあれほど美しかったキアヌが老けちゃうんだから、私がこんな老けちゃうのもいたしかたのないこと・・・、と慰める私である。

large-msg-122108299002.jpg

最新のパパラッチ写真。こんな追われる生活も大変だよね。ちなみに連れの女性はパブリしストしらしいのでビジネス上の連れ。









posted by anne at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 1964年生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

PSアイラブユーデザイン

デザインコラボでPSアイラブユーが加わった黒ハートということで、早速使いました。最近はテレビCMも頻繁にやっているし、ジェリーの「PS・・・I love you」がしょっちゅう聞こえるのは嬉しいハートたち(複数ハート)(この間がまたいい〜)

最近沢山出ているゴシップ誌、結構立ち読みでパラパラめくっているのだが、その中にハロウィンの変な扮装をしているジェラルド・バトラーというのがあってチェックしたのだが、それがどう見ても別人。仮面を被っているのだけど目がジェリーの目じゃないんだよね。考えてみればイギリスの俳優だから、ハロウィンなんてアメリカの風習のイベントなんてアメリカに住まない限りやらないと思うし。でもアメリカ映画にたくさん出るようになったせいかアメリカに家があるらしいけど、本拠地はやはりイギリスのようだし。

私けっこう雑誌のこういう間違い探しが好きなんだけど、あれって誰もチェクしないの?と思うものが多い。特に写真の間違いってわかりやすいと思うのだけど、誰が見ても別人なのに違う名前になっていたりすることがままある。

ところでジェリーのウィキ情報を見て、グラスゴー出身とあったので、嬉しくなった。実は最後にイギリスへ行った時に電車の乗り換え駅を見逃して夜遅い便のノンストップ便でグラスゴーまで行かされてしまったことがある。到着は10時過ぎで仕方なくグラスゴーに泊まり翌日ロンドンへ帰ったのだけど、直行便がお昼ぐらいまでなかったので半日グラスゴーをブラぶらしてなにもないなあ〜と感じた。しょうがないので美術館でひまつぶしをしたけど、私が見たいものがあるわけでもなかったし、カモメが何羽も飛んでいて朝からうるさかったのと、ガイドブック見ても行きたいところが全然見つからなかった記憶しかない。だけど、ジェリーが育って大学まで行ったのか〜と思うともっと見とけばよかったかなあ〜、なんて。駅は凄く大きかったのだけど、じゃあジェリーはあの駅を何度も使っているわけ?いつもグラスゴーのことを思い出すと、ロンドン便もお昼ぐらいに出て夕方着だったし1日時間を無駄にしちゃった失敗の経験なんて思っていたのだけど、ちょっと視点を変えれば思い出も脚色できる揺れるハートまあ、実際なんの予定もないブラブラを楽しんではいたんだけどね。思い出してみれば、フラフラお店を見て回ったりもできたし。

そんなわけで、ジェリーサンキュー。

posted by anne at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 1969年以降生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
" target="_blank">
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。