2008年08月04日

JFKが大統領になったのは43歳の時

今読んでいる「ポリティカル・セックスアピール」によるとJFKが史上最年少で米大統領になったのは43歳の時。ひょえ〜、もし私が今日本の首相になるなんて絶対ありえないし、今後もありえない。だって一国の責任者だよ、凄いなJFK。ちなみにクリントンが大統領になったのは46歳の時。

まあ、大統領は無理だけど、40代が働き盛りの年齢というのは確か。なので、ちょっとネットで43歳で検索してみた。

まず出て来たのはスウェーデンのヘレン・アルフレッドソンがフランスのエビアン・マスターズで優勝したこと。5年ぶりの優勝だそうな。スポーツでこの年齢で優勝というのは、やはりゴルフだからかな、とは思うけど、低年齢化しているゴルフ界でもあるので、19歳や20歳の子達と戦っての優勝だというから、やはり凄い。おめでとうございます。

次に出て来たのが、ジャズ歌手越智順子さんの訃報記事。ジャズに詳しくないので全然知らない人なのだけど、43歳なんて若すぎます。ご冥福をお祈りします。

その次に出て来たのは江原啓之!え〜?同じ歳だったの?ってウィキを見たら、確かに64年生まれでした。びっくりです。まあ、年代近いかなあとは思っていたけど。私は不可思議な物を完全否定したり、完全肯定したりはしないというスタンスなんだけど、有名になりすぎたから出て来たのか、それとも元々そうだったのか、最近いろいろ出てくる江原啓之の話は、どうなんだろう?とは思っている。当事者同士しかわからないことではあるけれども、これだけ世の中の人が影響を受けているのだから、わからないことだからそれでいいとも言えない気がするのだ。とりあえず、自分は振り回されたくはないと考えているけれど。そうは言っても23時にやっていた頃の「オーラの泉」で海外に興味がある人や合う人に言っていた「前世はその国の人」という考えが気に入っているので、その考えだけ取り入れてるが。つまり私の前世はイギリス人です・・・。

その後に出て来たのは、アメリカ大リーグのタイガースの左腕ケニー・ロジャースがイチローを押さえた記事。野球でこの歳で現役というのは凄いよね。

ブログは飛ばしたんだけど、3ページまででこんなもの。思ったほど43歳というのではニュースや有名人が出てこなかった。まあ、いちいち年齢を書かれてなけりゃヒットもしないのだろうけど。それにしても目につくのはブログタイトル等がおじさん・おばさん系で老け演出。これには閉口かも。まあ、確かにそういう年齢ではあるけれど、おじさん・おばさんはネガティブに老け感のある言葉だし、わざわざ自分から老け演出する必要ないんじゃ?と20代の時から思ってたので、反感。織田信長が人生50年と言ったような時代だって、80歳代まで生きる剛健な人はいた。今じゃ、80歳台が平均年齢、それ以上生きるのが当たり前になっている時代だ。100歳になっても元気でやっている人が多いのは、NHKの「100歳バンザイ!」を見ていると驚くばかり。それなのに30〜40代でおじさん、おばさん、と自称するのはどうかと思う。早い人は20代から言っているが。それって人生の半生以上を老け感覚でいくと宣言しているようなものだ。そんなのもういい加減止めた方がいいんじゃないの?おじさんやおばさんなんて言葉は死語になった方がいいとさえ思う。

もしどうしてもおじさん・おばさんを使いたいなら、せめて50歳以降にしてほしい。60代じゃ、おじいさん・おばあさんという感じの人も少なくなっている現代だ。おじさん・おばさん・おじいさん・おばあさんは身内の言葉だけにしたほうがいい。いや、できれば皆、欧米風に名前で呼び合って、お父さん・お母さん以外の呼び方はなくした方がいいのでは?とまで思っている。おにいちゃん・おねえちゃんという言葉は、子供達の間に必要以上の権力差を生むんで良くないと、妹だった私は考えているので。

ということで、もしあなたがまだ43歳で、自称おじさん、おばさん、だったら明日からそれはやめませんか?ひらめき


posted by anne at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 現在 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月05日

子供時代に好きだった女優エリザベス・テーラー



最近日本では病気とかのニュースぐらいでしか目にすることのなくなったエリザベス・テーラー、また重病説でニュースになっている。もう凄い歳だし、大丈夫か?と思っていたら、えっまだ76歳?うちの母親と4つしか違わないよ、びっくり。もう80歳以上になると思ってた。

しかし76歳になっても、いじっているとはいえきれいだね〜。同じおばあちゃん顔でもうちの母とはえらい違い。しかし顔はいじれても、まっ白だった白髪を染めた髪のパサパサ感と、首下の皮膚の衰えは隠せないよね。というか、白人だから汚いのか、うちの母親と4つしか違わないのに、首下の肌のおばあちゃん感がちょっと・・・。まあ、うちの母親も二言目には「もう若くないんだから・・・」とは言っているし、顔はもちろん体型もおばあちゃん体型。だけど、たるみはあるけど、運のいいことに皺は少ないし、首下もそんなに衰えていない。日本人だからかなあ。

とはいっても、ケアしているんだろうけどシミもないし、エリザベズ・テーラーのイメージは衰えてない。なにしろ初めて見たとき、こんなきれいな人がいるんだ!ってびっくりした人だ。そんなきれいな人が全然別人の顔になったら悲しい。だから、ここまで維持しているのは凄い、と思う。

エリザベス・テーラーといえば美しさプラスその目の色が私の中での特筆。目の色は青を通り越して紫!青い目は英語学校へ通った時他で、薄い青から濃い青、&吸い込まれそうな深い青まで生で見たことはあるし(たった一瞬で惚れました、その後二度と会ってないけど)、緑の目も見たことある(しかもジャツクリーン・ビセットの目!)が、紫の目なんて緑よりも確率低いわけだから、生で見たことなんてない。ぜひとも生で見てみたいなあ。だって、日本人じゃせいぜい、濃い茶か薄い茶ぐらいの違いしかない目の色でしょ?きれいな色の目って憧れです。特に濃い色は。あまりに薄い色の目はガラス玉みたいで、ちょっと怖いんだよね。(なんて書いたら偏見とかになる?)たぶん見慣れていないからだとは思うんだけどね。だって、昔は赤毛や金髪、いや肌の白さや、黒さだって、みなびっくりしたわけでしょ?織田信長が初めて見た黒人の肌をこすったのは有名な話だけど、それを今やったら大騒ぎになる。とはいえ、知っているのと生で見るのは大違いで、子供の頃から欧米の本を読み、映画やテレビドラマを見ていた私でも、実際に生で白人と毎日接したり(英語の学校)、黒人の人を生で見た時の衝撃は大きかった。

日本の美の基準は欧米化されているとはいえ、欧米の人とはやはり違うので、欧米の美人がかならずしも、日本でも凄く人気があるとは限らないが、エリザベス・テーラーの場合、その黒髪と日本人にもなじみやすい顔つきだったので日本でも人気が高かったのだと思う。しかも映画も日本でヒットした映画が沢山ある。私が好きだった映画と言えば、「ジャイアンツ」(ジェーム・ディーン好きだったので何度も見たことがある)「雨の朝パリに死す」「陽のあたる場所」「去年の夏突然に」、それから子役時代の「名犬ラッシー」や「緑園の天使」もかわいかった。

実は背が低くてバランスの悪い体型ということや(とは言っても155センチぐらいだから、日本人には親しみやすい身長)、凄い下品で口汚くジャンクフード好き(だから太りやすい)など、美のイメージと違うことを知っても、その顔の美しさと意外な大衆感がマッチして、面白いなあと思うぐらいで全然イメージダウンしなかった人でもある。これがオードリ・ヘップバーンとかだったらまた違っていたかもしれない。たぶん、そういう面はイギリス生まれとはいえ、アメリカで育ったからの大らかさなのかもしれない。一時期凄い太っていたり、またまた再婚したりでなになに?とは思ったけど、もうこのぐらいの年齢になれば、なにやっても、いいんじゃない?と思えてくる。これはきっと森光子と同じで、歳とってるんだしやりたければ何やってもいいんじゃない?という感じかも。いいんじゃないの、いじったってそれで自分のモチベーションが上がるなら、とか、年下の男?いいんじゃないの、それでホルモンの分泌が増えるなら・・・ってなもんである。

まあそう考えるようになったのも自分が変化しているから。20代、30代の頃と比べるとモチベーションアップが難しいと感じているこの頃だ。今こうだと、リズや森光子の年齢になった頃、どうなっちゃう?と怖くなる。先人がやってみていることは、参考にした方がいいと思う。

今まで何度も生死をさまよう経験をしているリズだから、まだまだ頑張ってくれるんじゃないかと思う。だからこの病気もきっと回復する。だって、今じゃ長寿当たり前の時代だもの。リズにはもっと長生きしてもらわなきゃ。




posted by anne at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 子供時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月09日

最近の子は・・・

今週は、なぜか職場で問題があってバタバタしていた。クールビス以前に一年中暑いビルで働いているので、暑さと忙しさでやる気もそげるほどなのだが、そうも言ってられないのが大人のつらいところだ。

ところで、平安時代頃かいつ頃かは忘れたけれども、そのぐらい古くから「今時の若い者は・・・」というフレーズが使われているというのを以前読んだことがある。で、私としては、使いたくないんだけれども、この間本当に感じたのだ「今時の若い子は・・・」と。

なぜそう感じたのかと言えば、職場でのトラブル対応に、応急措置をお願いしていた女性社員が、それができなかったことを私に言わないでいたのにびっくりしたから。新入社員ではなく入社5、6年目の子である。取引先への交渉を前日からしていて、その子も関わっていたので経過を説明していたのに、それについては一言もなく、相手先との電話交渉中に確認事項ができて聞いた時にやっと言われたのだ。もちろん、その応急措置ができていなければ、相手先との対応は変ってくるし、もしそれを知らないまま交渉していれば内容が違うと相手先の信用をなくすのは、新入社員でもわかることだ。ということで、まさかその子がそんな重要なことを伝えないでいられたことに、びっくりしてしまったのだ。

だが、うちの会社は私が入社した頃は男女の区別なく仕事を任されていた(給料の格差はもちろんあったが)のに、経営がいい加減で銀行傘下になってからは、銀行系の古い考えで男尊女卑が進んで男女格差で後退してしまった会社だ。最近では女性社員に真剣に対応する気は失せている私。本来であれば「報告は今後しっかりやってくれないと、交渉ができない。特にこういう需要なことはすぐに報告してくれないと」と言いたかったのだけれど、社内全体が女性社員に甘い会社で、真剣に対応すれば苛めととらえられかねない。妙な雰囲気になってしまったもので、仕事がやりずらい職場になっている。事務仕事の多い部署は女性社員がほとんどなのだが、そんな雰囲気なのでなにかあると、そこの部署の二人しかいない男性社員が対応で、各担当者がミスの後処理をすることがなくなってしまっている。(しかもその男性社員二人がそこの部署の経験が凄く浅いときている)そのせいか、ミスが続出していてこちらは大迷惑だ。担当の仕事でおかしいなと思えることがあっても、問い合わせ等せずそのまま続けてしまう社員ばかりで、チェック機能がない。その部署にはいたことがあるのだけれど、私がいた頃は、ミスや問題があれば各自対応していたし、一度なにかあればより注意するのでチェック機能が十分作動していたものだけど、今では問題が起きたら男性社員が対応となって担当していることでも自分が対応しないせいか危機意識が低くて何度も同じミスや問題が発生する始末。もうそんな状態が10年ぐらい続いているので、いい加減男尊女卑で女性に責任を持たせなくなったからということに気づいていもいいと思うのだけど。たぶん女性が多いからしょうがないとでも思っているのだろう。考えてみれば、以前は入社1年も経つとみな担当の仕事を責任持ってこなしていたのだから、現在の新入社員が何年経っても仕事を任せられないなんて、それこそおかしい話なんだよね。

最近驚いたのが、私の隣の席で同世代の別の部署でも以前一緒に仕事をしてきている奴が(今は一応上司だが同僚感覚だよね、こちらは)、電話相手に私のことを「うちの女の子が」と言ったこと。ぶち切れそうになってしまった。通常相手には「弊社の誰々が」と名前を言うのに、なぜその時そういう風に言ったのか知らないけど、男尊女卑の意識が深く浸透しているからに違いない。しかも20代の時だって「女の子」なんて言われるのは嫌だったのに、今いくつだと思ってるんだよ?これが男性社員だったら、絶対に「男の子」なんて言わない。なにしろうちの部署の一番の若手は今39歳の奴だし、新入社員の男の子だとしても、社外の電話に「うちの男の子が」なんて言うのは聞いたことがない。

ところで、うちのそういう風に言ってしまう連中は、そう言ってしまったことで相手先にうちの会社の旧弊な体制や考え方がばれているということには、気づかないんだろうなあ。私は内勤だから会社訪問なんてほとんどしたことがなく、社外の人と接するのは来社した人か電話しかないが、電話の対応だけでも結構相手の会社の雰囲気がわかるものだ。それは同じことがうちの会社にも言えるということ。はっきりいって電話で旧弊だと感じる会社の場合、仕事がやりずらい。女性社員の教育がきちんとされていないどころか、男性社員も事務仕事は女の仕事とばかりに業務を把握していなかったりすることもあるからだ。そのくせ、こちらには相手が女性だからの嫌みや嫌がらせ、あるいは「男性に変って」などの蔑みの言葉を口にしたりする。以前人の話を聞かないうちにそう言った人間には「担当者は私なので、他の男性社員に変っても説明はできませんが、よろしいですか?」と言ってしまったこともある。しかし、ちゃんと女性も仕事を任されているな、と感じる会社は相手の女性がどんなに若い声でも、対応も喋りもしっかりしていて、仕事がやりやすく、そういう会社は男性社員が電話対応しても感じが良い。もし、どちらか選べと言われれば、しっかりした対応ができて男女とも感じのいい会社を私なら選ぶ。

ということで、「最近の子は・・・」という言葉が出てきてしまう環境を作り出しているのは、自分たちなのだ。躾がなってない子供は躾をちゃんとされなかった親が作り出すのと同じこと。だが、社内教育をちゃんとさせない雰囲気の会社では、ちゃんと言うのは暖簾に腕押し、馬の耳に念仏、といった感じで、やる気が失せてしまうものだ。

ところで、これって日本の社会そのものに当てはまらない?最近のモンスター系って、躾がちゃんとされていないから起きていることだよね?モンスターピアレンツ、モンスターカスタマー等等。躾は男女問わず、しっかりしようよ。
posted by anne at 07:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 現在 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
" target="_blank">
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。