2008年07月02日

「Made Of Honor」のパトリック・デンプシーもセクスィー



昨日試写会で「近距離恋愛」を見て来た。実は最近見たロマコメ「27のドレス」がアメリカでヒットした割にはいまいちだったので、期待していなかったのだけど、飛ぶ鳥を落とす勢いのパトリック・デンプシーに外れはないのかも?だって、つい最近の「魔法にかけられて」も傑作だったが、ロマコメとはいえタイプが違うこちらも面白い。同じロマコメでも、ディズニープリンセスが出てくる「魔法にかけられて」は子供が見ても大人が見ても楽しめる、全年齢向け映画だったけど、この「近距離恋愛」は子供は一緒に見れない。もし一緒に見ていたら、あれなに?どういう意味?攻めで説明できずに苦労すること請け合いだ。きっとパトリックも「魔法にかけられて」のようには映画を自分の子供には見せてないだろう。ショウビズのインタビューだったかで言っていたが、「魔法にかけられて」では子供をセットに連れて来て、お姫様(エイミー・アダムズ)に会わせて感激させたそうな。こういう仕事をしていると一般人には出来ない方法で、周りの人を喜ばせられるよね。

ところでこの映画の中ではスコットランドの力比べみたいな祭りに参戦するんだけど、それがミニのキルト姿!スコットランドの普通のキルト姿の男達に馬鹿にされちゃうんだけど、脚がかっこいいので結構かわいい。それから流石に下着をつけていて(通常キルトの下に下着はつけない)競技の最中にキルトの中が見えるのだけど、それがほんとうなら格好悪そうなのに、格好悪く見えない。黒ハートいい男は得だ。

第一この映画の中のパトリック・デンプシー演ずるトムは、今時こんな尻軽な奴いるのかぐらい鼻持ちならないプレイボーイ。私ならこんな男とは親友になれないと思うのだが、パトリックなら許す!ってな感じになってしまう。だが、これだけ魅力ある感じのいい奴が、こんなに嫌なプレイボーイにはならないと思う。もし、映画のように嫌なプレイボーイなら、性格とかもほんとに嫌な奴のはず。なんぞと、映画の中のことなのに、真剣に考えてしまった。

実際のパトリック・デンプシーは家庭人らしく子供と一緒の写真とか見ると子供が羨ましくなるぐらいかっこいいパパなんだけど、自然な感じのパパ。結婚は2回目だし、最初の奥さんは前も書いたけど、お母さんぐらいの年齢の人だったし、たぶん浮いた感じの付き合いはしない人だと思う。今の奥さん羨ましいなあ。

映画の話に戻るけど、まあもともと設定もバカバカしいし、楽しんで見るタイプの映画。素直に見ないと突っ込み所満載の映画なんだけどね。でもスコットランドの映像はきれいだし、NYの町並みも見れるし(一緒に行った友人の大好きなDEAN & DELUCAが一瞬出て来て顔を見合わせてしまった。)、NYとスコットランド好きにもたまらない映画です。もうずっとNY行ってないし、行きたいなあ〜と私も思った。それにスコットランドは憧れの地。あんなすばらしい映像を見せられちゃあ、ヨダレものです。たぶん太陽待ちとか大変だったんじゃなかろうか?

それからパトリック・デンプシーのジャグリングの技が見られる。世界大会とかに昔出ていたららしいんだよね、パトリック。

しかしなあ、この映画の「近距離恋愛」という題名が気に食わなかったんだよね。原題の直訳のMade Of Honor「花嫁付添人」で良かったと思うんだけど。それか「僕が花嫁付添人?」とかさ。そのほうが、この映画のコメディらしさが出て良かったんじゃないかと。なんで「近距離恋愛」なんだろ?

それから気になるのが映画サイトに書かれている「パトデン」さっき立ち読みしたブルータスにも書かれていたけど、「パトデン」はないだろ?なんでもブラピのように略しゃあいいってもんじゃないよ!って言いたくなる。

奥さんと一緒のパトリック


ベルサーチの広告のパトリック、セクスィー(セクシーじゃないハートたち(複数ハート)セクスィーです)

posted by anne at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 1966年生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月05日

一押し歯磨き粉、デンティス

image_5933.jpg

半月ほど前に新しい歯磨き粉デンティスを買ったのだけど、その効果に人に薦めたくてたまらない。職場用に置いてある歯磨き粉がなくなったので、デンティスを買って持っていった時は、ランチ後に歯を磨くときその場にいた子に薦めて、そのまま夜使ってみて、と一晩貸してしまったほど。なぜその場じゃなくて夜試させたかというと、その使用感の違いは朝に一番効果がわかるものなので、夜寝る前に使って!ってなわけ。その子は翌朝、効果が実感できた〜って、言っていた。周りの子達も興味津々になって来たので、もしかしたら、職場のランチタイムの歯磨き粉がみなデンティスに変わってしまう日が来るかも?


このぐらいの歳になると、今までに試した歯磨き粉も数しれず。幼い頃のホワイト&ホワイトに始まり、最近ではオーガニック系は随分試しているし、泡系、竹炭、色んな味系、乳酸菌系、等々。そんなわけで、1000円近い物も沢山試しているのだけど、これは100グラム1260円なので、やっぱり高いかなと随分前から気になっていたのになかなか手が出なかった。だけど、成分表示を読んで気になる物も少ないし、試してみようか、と買って正解。

実は最近朝起きた時の口の不快感がひどかった。口の中には便よりも沢山菌があるとか?それが寝てる間の口の乾きで大量繁殖するとは前々から知っていた。夜寝る前にヨーグルトで歯を磨き、口を濯がないで寝るといいというので、うちの母はそれを実践している。私は乳酸菌入りの歯磨き粉を使ってみたのだけど、あまり効果を実感できなかった。しかしこのデンティスは初めて使った翌日に効果を実感できた。そうなると人に薦めたくなる物なんだね。だから、口コミで物が売れるんだよね。

そんなわけで、最近朝の目覚めが爽やかです。とはいっても、朝一に水を飲む前に、デンティスで口を磨いてます。(歯と舌の両方です)なぜかというと寝ている間に増えた細菌を一緒に飲みたくないから。口の中の菌だからとあなどれないんだよね。歯周病菌なんて、けっこう色んな病気の原因と言われているぐらいだし(特に女の人には天敵、妊婦は絶対歯周病を治さなきゃ)やはり良くない菌が体内に入るのは少ないにこしたことはない。

これはサイトで見てみたらタイの輸入品なんだけど、昔はなかった物だからいい時代に生きていることに感謝、感謝。

サイト:リベルタ





posted by anne at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月06日

「バーディ」の時から好きですニコラス・ケイジ



ニコラス・ケイジの新作ニュースがあったが、ロマン・ポランスキーの映画ということは、久しぶりにアクション映画じゃないってことかな?何しろ最近のニコラスの映画と言えば、アクションばかりが目について、あまり見たい映画がなかった。いや別にアクション映画嫌いなわけじゃないんだけどね。見たら面白そうとは思っていたんだけど・・・。

なんだか「この映画が凄い!」のニコラスは、ゴシップでお笑い担当だし、ニコラス・ケイジと言えば最近じゃどこでも色物扱いな感じ。だけど、最初の頃はかっこいい俳優で売っていたし、1996年にはオスカーだって取ってるんだよ。考えてみたら今現在この世代でアカデミー賞男優賞取ってるのって、ニコラス・ケイジとラッセル・クロウとロバート・ダウニーJr.だけじゃないの?しかもニコラスとラッセル二人とも64年生まれじゃん。そんな俳優なのに、なぜにニコラスってこんな色物になっちゃったのかなあ?

やっぱり髪型のせい?それとも奇行のせい?つい最近私の大好きだった「ペギー・スーの結婚」で共演したキャスリン・ターナーに暴露本書かれてなぜかアメリカじゃなくイギリスで訴えていたけど、昔から奇行は言われていたので、今さら何?って感じだったんだけど。

私が惚れちゃったのは、「バーディ」が大好きだったから。一時期この映画何回も見た。ビデオなんて持ってなかった時期だから名画座で何回も見たってこと。この映画ではニコラスよりはバーディ役のマッシュウ・モディーンが良かったんだけど、その親友役のニコラスにももちろん注目。そして「ペギー・スーの結婚」と「月の輝く夜に」で私のニコラス好きは決定的になる。「赤ちゃん泥棒」だってまだコーエン兄弟の名前は有名じゃなかったからニコラス目当てで見に行ったし、「バンパイア・キッス」はニコラス目当てでビデオをレンタルした。「アパッチ」はちょうどNYに向かう飛行機で何本か上映していたうちの一つで、迷わずそれを見た。ニコラスって多作なんで見てない映画は多いけど、機会があれば見ようとしていたのだよ、以前は。

あなたに降る夢」はせっかく京都映画祭に行ったのに、ブリジット・フォンダしか来なかったけど、「ロック」なんてアルカトラス島に見立てた八景島でのプレミア試写会に応募して、生ニコラス&パトリシア・アークエットを目にして感激したものだ。(ショーン・コネリーも来てればもっと良かったんだけど)司会のクリス・ペプラーや藤岡弘等の日本人俳優多数を生で見るおまけもあった。(藤岡弘の人気にびっくり。流石初代仮面ライダー)プレミア試写会けっこう行っているが、私の中で一番満足できているのはこの試写会。ただ、海辺で寒すぎて(夏だったけど冷夏で)一緒の友人共々体調悪くなった。そういう人続出だったらしい。主催者側は寒さよけにレインコートまで用意していたんだけど。

でも同時期の「リービング・ラスベガス」でアカデミー賞とった辺りから、変な映画出演がおおっぴらになってない?いや、今までだって変なの多かったんだけど。例えば「バンパイア・キッス」とか、凄い変な役の上、役のためにゴキブリを食べたという気持ち悪いエピソードあるし。「ワイルド・アット・ハート」だってあるし(でもこれは監督が元々変で有名なので、ニコラスが・・・とは気づかなかった人多いかもだが)。だって、「コン・エアー」なんてあの髪型見ただけで吹き出しちゃったし、映画の内容もラスト実は笑っちゃったんだよね。「フェイス・オフ」だって、そう。凄く面白かったし、二役は流石ニコラス、の配役だったんだけど(ジョン・トラボルタがニコラスの役立ったら、あんなにうまく出来なかったはず。ジョン・ウーもトラボルタが演技派じゃないことを把握しているってことだ。)、滑稽な設定だった。

これは元々ニコラスがアメリカンコミック好きだからなのか、最近の映画は、滑稽な設定の映画、アメリカンコミック原作物等、アクションメインが多い気がする。といか目につく。アクションもアメコミも嫌いじゃないんだけどね。まあ「アダプテーション」とか「マッチスティックメン」とかの傑作もあるし、見てないんだけど「ワールド・トレード・センター」なんてのもあるんだけど、「ナショナル・トレジャー」とか、「ゴーストライダー」や「ネクスト」とか、アクションばかりに見えちゃう。「ナショナル・トレジャー」は見逃しちゃって悔しいけど歴史探索系アクションなので私好みではあるんだけどね。

なぜか最近演技派俳優が、この年代になってアクション物に出ているというのが多い。ロバート・ダウニーJr.なんて今までアクションもの全然なかったのに「アイアンマン」なんて今までの役選びからは考えられない役だし、エドワード・ノートンの「インクレディブル・ハルク」だって、え?エドワード・ノートンがハルク?ってな感じだ。だが、この二人の場合、今までなかった分意外性もあるし、映画そのものの価値も上がっているようでヒットしている。が、ニコラスの場合、もともとアクションも多数こなして来ているだけに、作品が重なりすぎな気がするのだ。が、この年代で多いのは、動きが悪くなる前に、こういうのも出来たんだと記録を残したくなるのかなあ。まあ50や60過ぎてアクションも、どう見ても無理があるからね。インディの最新作、楽しめたけどスタント別人のところなんてすぐわかっちゃったし。ついこの間のランボーなんて写真見ただけでお笑いにしか見えないし、身体を無理矢理作り過ぎで、痛々しかった。

最初に戻るけど、ポランスキーだからアクションじゃない、とも言えないわけだけど(原作もどういう本だかわからないし)、ポランスキーの映画ならニコラスの演技が面白い物になるのじゃないのかなあ?とは期待できる。しかも共演がティルダ・スウィントンやピアース・ブロスナンと私の好きな俳優ばかりなので、よけい期待感。きっと変なニコラスは封印だと思う。

posted by anne at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 1964年生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
" target="_blank">
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。