2008年05月13日

パンダ目?スウィング・アウト・シスター

今日のスマスマのゲストミュージシャンは、スウィング・アウト・シスターのコリーン・ドリュリーで、「ブレイクアウト」を歌った。この歌懐かしい〜。でも歌は懐かしいけど、別にこのグループが大好きだったわけではないので、ヴォーカルの名前も今さっきウィキで調べて初めて知ったばかり。が、それは珍しいことじゃない。例えばデッド・オア・アライブなんて気持ち悪いと思っていたのに、私が一番懐かしく思い出す歌の1番手は「ユー・スピン・ミー・ラウンド」で、昔も今も好きなミュージシャン達の、しょっちゅう聴いていた曲ではないのだ。思い出というのは不思議な作用をするものだと思う。

で、そのコリーンなんだけど、昔は好きじゃなかったのだけどその昔の映像が流れたときに、けっこうかわいかったなあと思った。実はおかっぱ頭が昔からあんまり好きじゃないので、それがトレードマークになっているような人を敬遠しがち。あの髪型って目や表情を強調するけど、この髪型にするような人ってそれ以前に目や表情がきつい人が多い気がする。ほんとうは柔らかい顔、あるいは薄い顔の人がやれば個性を出せる髪型だと思うのだけど、昔なぜかふくよかな体系の人がなぜかそれを際立たせるピンクハウスを着ていたように、強い目線の人がおかっぱ頭にしがちなのだ。

ということであいかわらずおかっぱ頭のコリーンだったのだけど、昔の映像はかわいかったけど、歳をとった今は前以上におかっぱはきついのではないかと。つまりボブにしているような人って、ファッショナブルで、おしゃれもしっかりしている→化粧がきついとなる。実際アップになるともう年齢的にも皺が目立つのに、凄く塗っていて怖い。しっかり化粧をしているひとほど、年を取るごとに化粧が怖くなりやすい。ウィキで年齢を見たら1959年生まれだから、来年は50歳だ。それなのにべったりな化粧。そのべったり感を高めているのがアイシャドー。

歌を歌いだしたらアイシャドーが気になって気になって、ずっとそこに目が釘付け。つまり白人女性がよくやる化粧なんだけどアイホールを全部塗るやり方。目をつぶると目の形のアーモンド型に塗りつぶされているから気持ち悪い、目が大きいし。私が思うにあれだけ塗っているのだから、きっとアイシャドーはすぐに終わってしまうと思う。

そこで、思い出したのが初めてそういう化粧を見た、スコットランド人の英語の先生。イギリス系の英語学校へ通っていた時なんだけど、化粧はきっちりするかまったくしないかのどちらかに別れる彼女らの内、そのスコットランド人はきっちりする派。でもあまりにもきっちり過ぎて、その目がしっかり塗られていたので、その先生が目をつぶる度に、みんなビビっていたものです。しかも、その場にいた全員が私を含めてそういう化粧を見たことがなかったから、ビビりながらも瞬きする度に観察してた。まあその先生の場合は、アイホールを全部塗るのではなく、周りだけを塗っていたのでまたよけい気持ち悪かったのだけど。つまり目をつぶるとそこに白目だけの目があるようになる。たぶん、白人女性は彫りが深くて目をつぶると、アイホールが全部隠れるからそういう化粧をするんだろうけど、ほんと目をつぶるたびに気持ち悪かったんだよね。

でもその先生、カーラというのだけど凄く明るくて人気者だった。どうしてるかなあ〜、カーラ。

posted by anne at 07:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 1960年以前生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

しわくちゃジュリー・デルピー

今日の英語でしゃべらナイトのインタビュー相手は、イーサン・ホークとジュリー・デルピー。イーサン・ホークを見るたびに思い出すのは一緒にデビューしたリバー・フェニックスだが、リバーが永遠に23歳なのに、同じ歳のイーサンは既に37歳。私も歳取ってるはずだよん。イーサンすっかり皺が刻まれて、もともといい顔なので、味のある顔になっているけど、日本人的感覚からすると、皺がありすぎ。

そしてジュリー・デルピーだ。ジュリー・デルピーを映画(ドラマ)意外で見たのは、初めてなんだけど、あれ何歳だっけ?って思うほど顔が皺くちゃでびっくり。いや、普通の顔になれば皺は消えるんだけど、表情がしょっちゅう皺くちゃばあさんになっちゃって、なんでこんな表情で話すの?って考えちゃうほど。だって、初めてジュリー・デルピーを見たときには、その美少女ぶりに驚いたものなのに、なにこれ?って。でも考えてみると、演技中のジュリーって無表情系が多いんだよね。実は、普段の表情はオーバーだってことか?

ところで、イーサンとリバーじゃないけど、ジュリー・デルピーとセットで浮かぶのがジュリエット・ビノッシュ。二人の中は悪いというか、ジュリーがさんざジュリエット・ビノッシュのことを言っているのは昔よく読んだものだ。そのせいかジュリエット・ビノッシュを見てもジュリーは思い出さないけど、ジュリーを見るとジュリエットを思い浮かべる。で、今日思ったのだけど、ジュリエットの肌に比べるとアメリカ生活のせいか元々の肌質のせいか、ジュリーの肌はシミが多いし、ソバカス肌みたいだし、ジュリエットの白人にしてはしっとり感がある真っ白な肌とは随分違うなと。しかもジュリエットは顔を皺くちゃにして話さない。ジュリエットは私と同じ歳なのに、きれいだなあとつい最近見た映画(パリ)でも思ったけど、ジュリーは50代と言っても通るほど皺くちゃだった。ある意味、そこまで凄い表情をしちゃうのはフランス人的でもあるかなとは思うけど、止めた方がいいんじゃ?とも思う。

だってまだ30代だよ。69年生まれで38歳。それなのにその皺くちゃはまずいでしょ?

まあ、これもいかにもフランス人というか、ジュリーは文句ばっかり言っているイメージがあるし、皺くちゃの表情も縦じわやへの字口とか、負の皺ばかり。そこいくと同じいかにもフランス人という感じでもジュリエットの場合は完全な個人主義で人がどう言おうと我関せず、人がどう言おうと気にしないというプラス思考で笑い皺が多いかなと。どうせ皺があるなら、マイナスの皺よりもプラスの皺の方がいいに決まっている。

まあこんなことを書いている私も実は皺に悩んでいる派。なぜこんな皺が刻まれちゃったのか、日本人なのに〜と泣いている。白人みたいな乾燥肌でもないのに。だからよけいジュリーの皺が気になったというか。ジュリーのようにならないよう気をつけなくては!いい反面教師になってくれたよ。サンキュー、ジュリー。

posted by anne at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 1969年以降生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月21日

臨月まで2ヶ月切ったけどやっぱりきれいだニコール



妊娠5ヶ月の来日の際に、随分小さいお腹でびっくりしたニコールだけど、こんなにお腹が出てきてもきれい。最近セレブの妊娠が流行とかで欧米スターの妊婦姿が随分取り上げられるけど、こんなに身体付きの変わらない人は初めて。もちろんこういう人がいないはずはないのだけど、あまりにもゴシップ誌の妊婦が太り過ぎなので、欧米の人は妊婦じゃなくてデブにならなきゃ妊娠していられないわけ?と思っていた。(セレブでしか見る機会ないし)こういう人もいるのだからやはりみんな妊娠を機にデブになっていただけなんだよね、やっぱり。

だって、私の周りで(もち日本人)ぶくぶくの妊婦は今のところ見たことないもの。みんなお腹だけはポッコリ出るし、確かに出産直前のお腹の出具合は、それこそ破裂するかとは思うぐらいだけれども、デブデブという感じではなくてやはり妊娠という感じ。特に男の子を妊娠すると、女の子よりも横よりは前にお腹が出るらしく、私のいとこは後ろから見たら全然妊婦に見えなくて驚いた覚えが。周りの年配者は絶対男だと言っていて確かに男の子だったので、へぇ〜って思った。が、次に女の子を出産した時に、妊娠中に会わなかったので違いを比較できなくて残念だったけど。

過去最高にお腹が出ていた知り合いは、出産が3月の中旬だったのだけど、12月の半ばに会った時にまるで臨月でみなびっくりしていた。出産の翌日に会った時はまだお腹がしぼんでなくて、見た目全然変わってないと言っていたのだけど、それでもハリウッドスターよりも痩せていたと思う。彼女は子供が大きくなりすぎて肩がひっかかったとかで、なかなか出てこず大変な出産だったと言っていた。(医者に言われたらしい)

欧米の人たちはあんな大きなお腹でどうやって出産してるんだろう?とデブデブ妊婦を見る度に、その彼女のことを思い出して考えるのだが、きっと無痛分娩が主流らしいから、気になんないんだろうね、きっと。だけどあまり大きくなりすぎると血圧も上がりやすくなるし、妊娠症の率も高くなるらしいから、妊婦にとって危険な状態になりやすいわけだから、やはりデブデブになるのは良くないはずなんだけどね。

胸がないミラ・ジョボビッチや同じく胸がなくてスレンダー系のケイト・ハドソンも信じられないぐらいデブだった。リブ・タイラーはまあ普段からゆるいから予想通りだったけど、ミラやケイトがあんなに大きくなっちゃうなんて!って写真を見て驚いたもんだ。

そういえば、今妊娠中のジェシカ・アルバも既に大きすぎない?と思ったら双子らしい。この間出産のジェニ・ロペも大きかったけど双子だったし(随分大きくなるまでステージをやっていたぐらいだから、それはそれで凄いなあと思う)、アンジェリーナ・ジョリーも双子だとか。まあ、双子はお腹が大きくなるよね。でも双子じゃないのに凄いデブデブな人たちって、どのぐらい食べてるんだろ?ってやっぱり思う。

前もここで書いたかも?だけど日本の医者は妊娠中は増えても15キロぐらいまでとかって言うらしい。私の上記とは別の太り気味のいとこは、0キロと言われたぐらいだし。(でも無理だから5キロまでとならいいとその後言われたとのこと)それがミラは確か30何キロ増えたって話しだし、20何キロのセレブもよく聞く。異常じゃない?だって出産直後の赤ちゃんはせいぜい3キロプラスαぐらいでしょ?羊水の重さを考えたら、確かに日本の医者が言う増えても15キロは妥当だと思う。

とはいえ、出産直前に破裂?って感じに膨れるから、ニコールももっと大きくなっちゃうんだろうなあ。それでもやはりこのままきれいでいて欲しいなあ、ニコール。顔が全然変わってないから大丈夫かなとは思うけど。
posted by anne at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 1967年生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
" target="_blank">
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。