2008年04月06日

12歳少女が不憫

先日起きた無理心中事件、12歳少女が隣家に助けを求めたというニュースを見て泣きたくなった。優しいお父さんときれいなお母さんで、幸せそうな家族だったというのに。

しかし、12歳の長女はお父さんの犯行現場を見て、隣家に駆け込んだわけだ。これからの人生このトラウマからこの少女が逃れることはできないのでは?と想像できるから不憫だ。おじいちゃん、おばあちゃんもお母さんも死んでいる。父親と兄弟は重症だけど、助かった場合のこれからが厳しいことは変わらない。

お父さんは42歳、お母さんは37歳と、平均的な普通の家庭で起きている。おじいちゃんやおばあちゃんもいて、弟が二人いて、最近の核家族に比べると賑やかな家族だ。それなのに、この事件は起きた。事業や環境が悪くなっていたからとか、なんだとか原因はこれからだろうけど、そいういう家はここの家だけではない。なのに起きてしまった。止められなかったのだろうか?

無理心中は、日本らしい事件だ。だが、私は特にこの事件が嫌いだ。というのも、私の母の口癖が「子供達と死のうと思った」だったから。私は東京に出てくるまで、何か家で問題が起きるたびに、殺されちゃうんじゃないか?と思いながら育った。このことだけは、今でも母を許せない。が、そのことを母に言ったことはない。しかも実は未だに、たまに実家へ帰るのが怖くなることがある。家族というのは一番事件が起こりやすいコミュニティだ。外には見せない問題がどこの家にも必ずある。だから、ニュースなどで家族の事件を見ていて、環境等似ていたりすると怖くなる。事件は連鎖することが多いからだ。

こういう事件を起こすとき、普通の精神状態ではないらしい。まあそう書くと、精神状態云々で無罪になることを狙って・・・みたいなこともあって、そんなわけないという方も多いと思う。まあ、詳しいことは専門家に譲るけれども、うちの母のように口癖のように死ぬことを臭わして周りにトラウマを作っても、それにセーブがかかっていたのは、精神状態が安定していたから。だが、精神のバランスというのはきっかけがあれば簡単に崩れる。それは大事件に遭遇した人の、その後の精神的な後遺症を見聞きすればわかるかと思う。でも、誰が見ても大事件じゃなくても、その人にとっての大事件でもバランスは崩れるのだろう、だから事件が起きるのだと思う。自殺も瞬間的に鬱になって起こると聞いたことがある。だから止めようがないのだと。

だが、例えば日本で無理心中が多いのは、子供が不憫だから連れて行くのが当たり前みたいな考え方があるからだ。子供まで連れて行くのはひどい!という考え方がもっと浸透すれば、そうする人は減るはず。同様に、人を道連れにしたり、自殺する気になればなんだってできるはずという考えが浸透すれば、もっと変わるのではないかと思う。

というのも、例え鬱になったとしてもそういう普段からの考えは影響が大きいから。それは自殺者の自殺の仕方等を見ればわかるのではないかと思う。

自殺された周りの人は、止められなかったことや、気がつかなかったことを後悔し、一生の傷になる。そもそも死ぬということは後始末のできないことだ。だから、後始末のできないこと自分からする自殺は一番卑怯だと思う。そして、それに周りを巻き込む心中はもっとひどい。この事件のお母さんだって、子供達だって、おじいちゃんやおばあちゃんだって、生きてさえいれば何かしら可能性があった。もちろんお父さんもだ。

だから、この少女のこれからの人生の可能性を信じたい。たぶんこの少女は一生この事件のトラウマから逃げられないかと思う。だけど、それをいい方に変えられることを願いたいし、今後の周りの人がいい人ばかりであることを願う。そしてもしかしたら、人を信じることが難しくなるかもしれないが、信じられるようになればいいなあと思う。

そして最近ニュースを聞いてないが、事件を起こした重傷のお父さんや同じく重傷の幼い兄弟が助かることも願う。そうしたら、お父さん、死んだ気になればなんだってできるはずだよ。

posted by anne at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 現在 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月07日

ある意味天才?神田昌典

マインドマップセミナーに去年の秋行った。これは20歳ぐらいのときに本を読んで知っていたのだけど、全然活用できてなかった上に、書き方がどんどん進化しているらしい。しかもセミナーがあるというのをたまたま知ったので行ったのだが楽しかったし、頭の動きが活発になった気がした。

マインドマップセミナーが楽しく面白かったので、マインドマップフォローアップセミナーにも出たのだが、そのときに聞いたのがフォトリーディングという言葉。なに?と思ったらこれは速読ではないが、本を読む手法なのだと知った。マインドマップセミナーを行っている会社が神田昌典さんの会社なのだけど、このフォトリーディングのセミナーを行っている会社も神田さんの別会社。マインドマップで神田さんに興味を持った私は、ネットを見ていたので、フォトリーディングのサイトも見てみたら、ちょうど神田さんがフォトリーディングのセミナーを自ら主催するという。そんわけで、1月に二日間の集中セミナーに行ってきた。本を2冊持ってくるよう言われたのだが、みな神田昌典さんの本をたくさん持ってきていた。私は本がたくさんあるのは知っていたけど全然興味がなくて読んでいなかったので、すごいなあと思ったのだけど、セミナーが終了してみれば、神田さんの本が読みたい黒ハートとなってしまったのだ。

というわけで、神田「さん」になってます。お会いして本を読んでもいるんだから、さんが付きます。しかも本が面白い。しかもビジネス書メインのはずが、占い方面にも進出してます。それが『春夏秋冬理論』。これは神田さんのこれまでの経験とデータから12年周期で波があるんじゃないかと考え、それを占い師の來夢さんに確認したところピタリとはまったらしい。で、読むとなるほどなあと思い、サイトで早速自分の春夏秋冬を見たら、春生まれで現在冬。ふ〜ん、参考にしよう。

他にも面白いのが、『非常識な成功法則』ほんと非常識なんだけど、目から鱗なことが書いてある。同様に『お金と英語の非常識な関係』も目から鱗。私は神田さんを知って、今まで見向きもしなかった神田さんの本が読めてほんと良かったと思う。これらの本は図書館で借りたんだけど、その後買ってしまいました。そのぐらい面白くて参考になるんです。

で、これだけ面白いことを見つけ書いて広めている神田さんは天才なのでは?と思っている。しかもどのサイトを見ても年齢が書かれていないのだけど、お会いしたり、本に書かれていることから、たぶん同じ歳?同世代なのは確か、って考えると同じ世代でこんなにいろんなことをやっている人がいるのか!って思うとうれしいし、発奮させられる。同時代に活躍している人ってそういう力がある。

だから、もしこのブログを読んでいる方で今の自分に閉塞感を感じている人がいたら神田さんの本を読むことをお薦めします。ビジネス書がたくさんある中、全然興味がなかった私が、気に入ってしまったのだから。たぶんいろんなやる気が出てきます。そうしたら、マインドマップやフォトリーディングです。セミナーは高いけど、フォトリーディングはセミナーに出ないとなかなかマスターできないようです。しかし、マインドマップは本だけでもできるかと思います。いろんなアイデアが湧きますよ。

最近神田昌典さんに心酔しているので書いちゃいました。ハートたち(複数ハート)ちなみに神田さんの本には、他の神田さんの本を読む気にさせる力があります。それだけ今まで知ったことを神田さんが生かしているのだと思うのだけど、それがビジネスにも役立っているわけです。だから、一冊読んだら私のように他の本もどんどん読みたくなるかも?

非常識な成功法則→http://www.kandamasanori.com/
マンンドマップ→http://www.mindmap.ne.jp/
フォトリーディング→http://www.lskk.jp/
春夏秋冬→http://www.seasons-net.jp/wss/site.cgi

posted by anne at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 現在 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月08日

ライフワークを!本田健

フォトリーディングを知った後、今までよく目にしていたけど読んでいなかった本も手に取るようになった。その中の一つが『ユダヤ人大富豪の教え』著者は本田健さん。多分お分かりでしょうが、つい最近ライフワークセミナーがあり行ってきました。なので、本田さんです。

さてその本田さんの会社なんですがアイウエオフィスというのです。ネーミングうまくありませんか?私はまずそこを見て、こういう人はネーミングもうまいんだなあと感心しました。

ライフワークとは、簡単に言えば好きなことを仕事にして楽しくやれば成功できるということです。でも、好きなことをやっているのに成功できないよ、っという方、それは自分で自分にブレーキをかけているんだそうです。本当に好きなことはお金を払ってもやりたい仕事だそうです。そして、お金のためだけにやる仕事はライスワーク。私はライスワークを何年もやっているなあと、もうこの辺でいいんじゃないか?と思いました。だから、私目標は今年中に仕事を変える!です。いやこれは去年末に書いたマインドマップにも来年の私として書いていました。それを再確認したわけ。

この本田さんは今40歳だそうですが、子供ができたのを機にセミリタイアして本を書いてまた成功しているわけです。人前で話をするのも大好きだそうで、ほんとに好きなことをやって成功しているわけです。だって本田健さんの本たくさんあって、売れています。
お会いしてほんとに楽しそうでした。

私もライフワークみつけます目そしてしあわせな小金持になります。でも成功を目指すのじゃなくて、成功を楽しみますよ〜。(本田さんによると大富豪で幸せな人っていないそうです。お金に心配をしなくてすむ程度の、小金持が一番いいそうです。そして成功は目指すものではなく、その過程を楽しむものだそうです。)

アイウエオフィス→http://www.aiueoffice.com/
posted by anne at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 現在 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
" target="_blank">
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。